和歌山県】片男波公園 万葉館
    
【展示内容】
万葉集の研究や万葉集と和歌山の関係について、さらに万葉集の時代や歌人について、実物や複製、解説パネル、タッチパネルなどを使い、さまざまな視点から万葉集を多角的に見せる展示を行います。ビデオプロジェクターとマルチスライドを組み合わせた映像と音響・照明効果、
スモークを使った多彩な演出で劇場空間に現れる万葉の世界を物語にして見せます。
【交通】
JR和歌山駅または南海電鉄和歌山市駅から和歌山バスで25分、不老橋下車。徒歩4分。
【開館時間】
9:00〜17:00
【休館日】
毎週月曜日(月曜日が国民の祝日・休日のときは、その翌日)12月28日1月4日
【入館料】
大人250円、大高校生150円、小中学生100円、団体割引20名以上大人200円、大高校生100円、小中学生80円
【住所】
〒641
和歌山県和歌山市和歌浦南3
【電話】
0743-46-5553
【アンケート回答】
展示室は車椅子で通れる幅やスロープがありますか?       ある
車椅子専用のトイレがありますか?               ある
視覚障害者が展示品に触れることはできますか?       できない
音声や点字による解説や非常口・トイレの点字案内がありますか? ない
職員の方に手話のできるかたがいらっしゃいますか?       いる
盲導犬・聴導犬等の介護動物の入場はできますか?       できる
展示品のカメラ撮影は許可していますか?            許可
乳幼児連れの入館を許可していますか?             許可
オリジナルミュージアムグッズの販売をしていますか?  販売している
休憩室・喫茶店・食堂などがありますか?            ある
レストラン ぎんれい
(帰りのタクシーを呼ぶために)公衆電話がありますか?     ある
【その他】
万葉の故地和歌の浦の片男波公園にある万葉館は、紀伊国和歌山の万葉歌や万葉人の生活がわかる展示と、紀伊万葉を体感できるシアター(14分間)などがあります。
海と緑に囲まれた公園奥には五基の歌碑もあります。

Last modified 11/11/1997 by Toshio Fujita