和歌山県】和歌山城
      
【展示内容】
和歌山城は天正13年(1585)豊臣秀吉が紀州を統一後、自ら虎伏山を縄張りして普請奉行に藤堂高虎、羽田長門守を任命し、本丸、二の丸を築造させた。翌14年には領主羽柴秀長の城代として、桑山重晴が3万石を領して在城し、はじめて和歌山の城と称した。
しかし、その後慶長5年(1600)には浅野幸長が37万6千石をもって入城、元和5年(1619)には徳川家康の第十子頼宣公が55万5千石を領して入城するに及んで城郭の大改修があり、爾来幕府三親藩の居城として250年にわたる紀州徳川氏時勢治政の基を開いた。
かくして和歌山城は西国第一の要衡として、その偉容を誇っていたが、弘化3年(1846)には天守閣に落雷し、大天守などを焼失した。当時幕府の制として再建は許可されなかったが、紀州藩は幕府と特別の関係にあったので再建を許され、嘉永3年(1850)に工事竣工し旧態に復した。
明治4年廃藩置県によって和歌山城は廃城となり、明治34年に和歌山公園として初めて公開された。昭和6年には文部省より史跡に指定され、昭和20年国宝建造物に指定されたが、昭和20年7月9日不幸にして戦災を蒙り、その英姿を一夜に焼失、昭和33年再建に至った。
【交通】
バス:JR和歌山駅、南海和歌山市駅から公園前下車
【開館時間】
9:00〜16:30(3月〜11月) 9:00〜16:00(12月〜2月)
【休館日】
12月29日〜12月31日
【入館料】
一般:大人(小・中学生以外、幼児を除く)300円、小人(小・中学生)150円 団体:(30人〜100人未満)大人270・小人135円、(100人〜200人未満)大人240・小人120円、(200人〜300人未満)大人210・小人105円、(300人〜)大人180・小人90円
【住所】
〒640
和歌山県和歌山市七番丁23
【電話】
0734-32-0001
【アンケート回答】
展示室は車椅子で通れる幅やスロープがありますか?       ない
車椅子専用のトイレがありますか?               ある
視覚障害者が展示品に触れることはできますか?       できない
音声や点字による解説や非常口・トイレの点字案内がありますか? ある
職員の方に手話のできるかたがいらっしゃいますか?      いない
盲導犬・聴導犬等の介護動物の入場はできますか?      できない
展示品のカメラ撮影は許可していますか?           不許可
乳幼児連れの入館を許可していますか?             許可
オリジナルミュージアムグッズの販売をしていますか?   していない
休憩室・喫茶店・食堂などがありますか?            ない
(帰りのタクシーを呼ぶために)公衆電話がありますか?     ある

Last modified 11/11/1997 by Toshio Fujita