兵庫県】洲本市立淡路文化史料館
   
【展示内容】
考古・歴史資料のほか国指定重要無形民族文化財である淡路人形浄瑠璃や、全国的にも著名なみん平焼など、島の人々と風土が生み出した美術工芸品や文芸作品などが見られるのも当館の特色です。
【交通】
大浜公園バス停前・旧洲本城内
【開館時間】
9:00〜17:00(入館は16:30までです)
【休館日】
月曜日・祝日の翌日*土曜日が祝日の時は、月・火が休館。月曜日が振替休日のときは、火・水が休館となります。*年末年始の休館は12月28日〜1月4日。
【入館料】
一般400円、高校・大学生250円、小学・中学生100円、団体割引20人以上一般320円、高校・大学生200円、小学・中学生80円、幼児は入館無料。特別展のときは別に入館料を定めることがあります。
【住所】
〒656
兵庫県洲本市山手1-1-27
【電話】
0799-24-3331
【アンケート回答】
展示室は車椅子で通れる幅やスロープがありますか?       ない
車椅子専用のトイレがありますか?               ない
視覚障害者が展示品に触れることはできますか?       できない
音声や点字による解説や非常口・トイレの点字案内がありますか? ない
職員の方に手話のできるかたがいらっしゃいますか?      いない
盲導犬・聴導犬等の介護動物の入場はできますか?       できる
展示品のカメラ撮影は許可していますか?           不許可
乳幼児連れの入館を許可していますか?             許可
オリジナルミュージアムグッズの販売をしていますか?   していない
休憩室・喫茶店・食堂などがありますか?            ある
休憩室
(帰りのタクシーを呼ぶために)公衆電話がありますか?     ある
【その他】
ご来島の際、まず当史料館を訪れることにより淡路島全体のことを知ることができます。

Last modified 11/11/1997 by Toshio Fujita