北海道】北海道開拓の村

【展示内容】
「開拓の村」は、明治・大正期に建築された北海道の建造物を54haの敷地に復元・再現しています。ここを訪れる人たちに開拓当時の生活を体験的に理解してもらうことと、文化の流れを示す建造物を保存し、後世に永く伝えることを目的とした野外博物館として1983年4月に開村しました。
村全体が展示であり、動く展示としては、夏は馬車鉄道、冬は馬そりが走ります。開拓時代の人たちの意欲あふれる知恵と努力をみることができ、建造物一つ一つが開拓当時へ導いてくれるでしょう。
【交通】
JR北海道バス札幌駅発、新札幌・森林公園駅経由「開拓の村」行き(札幌駅から50分)、地下鉄東西線さっぽろ駅下車、「JR北海道バス」乗り換え約15分、JR北海道千歳線新札幌駅下車「JR北海道バス」乗り換え約15分、または、函館本線森林公園駅下車「JR北海道バス」乗り換え約5分
【開館時間】
9:30〜16:30(入村は16:00まえ)
【休館日】
毎週月曜日(ただし祝日・振替休日の場合は翌日が休村となります)、年末年始(12月29日から1月3日)
【入館料】
夏期(4月〜11月)一般600円、大学生450円団体割引10人以上一般500円、大学生400円、冬期(12月〜3月)一般500円、大学生400円、団体割引10人以上一般400円、大学生350円
【住所】
〒004
北海道札幌市厚別区厚別町小野幌50-1
【電話】
011-898-2692
【FAX】
011-898-2692
【アンケート回答】
展示室は車椅子で通れる幅やスロープがありますか?       ある
車椅子専用のトイレがありますか?               ある
視覚障害者が展示品に触れることはできますか?       できない
音声や点字による解説や非常口・トイレの点字案内がありますか? ある
職員の方に手話のできるかたがいらっしゃいますか?      いない
盲導犬・聴導犬等の介護動物の入場はできますか?       できる
展示品のカメラ撮影は許可していますか?            許可
乳幼児連れの入館を許可していますか?             許可
オリジナルミュージアムグッズの販売をしていますか?  販売している
休憩室・喫茶店・食堂などがありますか?            ある
(帰りのタクシーを呼ぶために)公衆電話がありますか?     ある
【その他】
北海道開拓の村は明治・大正期を中心に建築された北海道の建造物60棟を54haの敷地に復元・再現した野外博物館です。

Last modified 11/11/1997 by Toshio Fujita