福島県】財団法人いわき市観光公社 勿来関文学歴史館
   
【展示内容】
5世紀に「白川の関」「念珠ヶ関」とともに作られた奥州三古関のひとつ。9世紀頃には「菊田*」と言われていました。源義家が後三年の役のおり、奥州に下った際「吹く風を なこその関と思へども道もせに散る 山桜かな」と詠んだのは有名です。
松の木々の間から眼下に展開する海岸線のながめは、すばらしいものです。
【交通】
常磐自動車道 いわき勿来I.Cへ東京より2時間 JR常磐線(特急)勿来駅まで上野より2時間10分 定期観光バス<いわき名所めぐり>がございます。
【開館時間】
9:00〜17:00(入館時間16:30まで)
【休館日】
毎月第3水曜日(但し、祝日にあたる場合はその翌日)及び1月1日
【入館料】
一般310円、大・高・中210円、小学生150円、団体割引20名様以上一般260円、大・高・中150円、小学生100円
【住所】
〒979-01
福島県勿来町関田長沢6-1
【電話】
0246-65-6166
【アンケート回答】
展示室は車椅子で通れる幅やスロープがありますか?       ある
車椅子専用のトイレがありますか?               ある
視覚障害者が展示品に触れることはできますか?       できない
音声や点字による解説や非常口・トイレの点字案内がありますか? ない
職員の方に手話のできるかたがいらっしゃいますか?      いない
盲導犬・聴導犬等の介護動物の入場はできますか?      できない
展示品のカメラ撮影は許可していますか?            許可
乳幼児連れの入館を許可していますか?             許可
オリジナルミュージアムグッズの販売をしていますか?   していない
休憩室・喫茶店・食堂などがありますか?            ある
休憩室
売店
(帰りのタクシーを呼ぶために)公衆電話がありますか?     ある

Last modified 11/11/1997 by Toshio Fujita