吉田松陰      その28
野山獄中の日々に
*[2]*
 ある意味で楽天家とさえ言えるほどに、事態を素直に受け入れ、その時その時
を精いっぱい誠実に生き、決して明日への思いを失わない松陰であったが、この
時期、彼の念頭から離れない心の深い痛みは、岩倉獄に入った金子重輔のことで
あった。
 江戸の獄中以来の病で、今は重体の身を別の獄舎に横たえている重輔への思い
は、情誼(じょうぎ)に篤(あつ)い松陰にとって耐えがたいものであったが、
今は励ましの言葉をかけてやることすらかなわない。その重輔が、年が明けて間
もなくの安政二年(1855年)一月十一日、獄中に二十五年の生涯を閉じた。
 「身も世もなく嘆き悲しむ」という言葉があるが、重輔の死を知った時の松陰
の嘆きがまさにそれで、はた目にも痛々しいほどの悲しみぶりであったという。
そして松陰は、一ヶ月の間、自分の食事から汁と菜を省き、その食費に充てるべ
き金を蓄えて、これを重輔の遺族に贈り、墓石建立の一助にしてもらうのである。
また松陰はこの時、「獄中、渋木生の赴(ふ)を聞く」と題する慟哭(どうこく)
の詩を作っている。渋木生とは、いうまでもなく渋木松太郎、金子重輔の変名で
ある。その詩とは、
 「駅舎君と訣(ゆか)る/匆々(そうそう)詞を尽くさず/囚繋(しゅうけい)
各所に在り/消息相知らず/江海呑舟の魚(どんしゅの魚とは、舟を呑むほどの
大きな魚、転じて善悪ともに大人物、大物のこと)/徒(いたず)らに半畝の池
に困(くる)しむ/篭鳥故林を失ひて/未だ群飛の時を忘れず/鼓角自ら晨暮(
しんぼ)あり/会見期を知らず/夢魂尚ほ相逐(お)ひ/訃(ふ)を聞いて却っ
て自ら疑ふ/豈(あ)に計らんや生別離/更に死別離と為(な)らんとは」
 というもので、獄舎を異にして以来、何らしてやることもできなかったことへ
の痛恨の思いが綴(つづ)られている。
 後年の事跡が語るように、松陰は門下生を友として、ことのほか厚い情を通わ
せている。重輔は、まさに松陰にとって最初の門下生ともいうべき存在であり、
一大決意の行動を共に決行した同志である。その嘆きのほども察するに余りある。
 そうした松陰の心情は、同獄の人々にも少なからぬ印象を与えるものであった。
いかなる社会にあっても、古参組は新参者に対して、どういう人物かという興味
を持つものである。まして変化のない獄舎の生活において新参者は興味の対象で
あるが、友に対する松陰の情誼の深さは、とかく愛情に飢えた野山獄の人々には、
新鮮な感銘を与えたに違いない。同獄の人々の目は、次第に松陰というただなら
ぬ青年に向けられ、また心ひかれて行くのである。