吉田松陰      その6
兵学師範への歩み
*[3]*
 吉田大助にかわって松陰を教育した玉木文之進は、大助の弟、松陰の実父・杉
百合之助の次弟であった。
 文之進は若くして藩士玉木家を嗣(つ)いだが、独身であったため杉家に同居
しており、松陰が天保九年(1838年)、山鹿流兵学教授見習として藩校・明
倫館に出勤するようになった年に妻帯して、杉家からわずかに下がったところに
藁(わら)ぶきの簡素な家を構えた。
 文之進も、早くから兄・大助に山鹿流兵学を学び、三重極秘の印可を受けた兵
学者であり、天保十三年(1842年)には、この自宅に「松下村塾」の看板を
かかげ、付近の子弟を集めて私塾をひらいた。
 松陰の名を今日にとどめるところの「松下村塾」の前身というか、本来「松下
村塾」はこの玉木文之進によって始められたものであった。
 封建時代の世襲制によって山鹿流兵学教授見習として出仕したとはいえ、松陰
はいまだ九歳。玉木文之進や同じく大助から山鹿流兵学の印可を受けている林真
人を後見人としての、自らも学びながらの出仕であった。
 清廉剛直な文之進は松陰の英才を見抜き、期待と愛情を寄せながらも厳格きわ
まりないもので、「苟(いやしく)も報国の念あらば慎んで凡士となる勿(なか)
れ」と常に戒め、母・滝などは、その厳しさを見るにたえないほどであったが、
松陰は極めて柔順に、勉学に励んだという。
 そして松陰十一歳の天保十一年(1840年)、十三代藩主毛利敬親(たかち
か)の前で「親試(しんし)」を行なうことになるのである。
 この親試というのは、藩校・明倫館の教育に力を入れる敬親公が、江戸から帰
藩したたびに明倫館におもむき、学業成績のすぐれた者が選ばれて御前講義の形
で藩主に進講する制度であった。もちろん教授たちもこれに参加し、大いに名誉
とするところで、藩学興隆のうえにも少なからぬ効果があった。
 こうしたしきたりも、人材育成に熱心であった長州藩の気風の一端を示すもの
であろう。
 この時、松陰が御前で講じたのは、家学たる山鹿流兵学の「武教全書」戦法篇
三戦の節であった。
 十一歳の少年が、どのような講義をするのだろうかという興味をもって親試に
のぞんだ藩主も、その内容の主旨をよくとらえ、よどみなく堂々とした講義に深
く感心、これを大いに誉(ほ)め、褒美を与えた。これにより松陰の英才ぶりは、
広く城下に知られることとなり、教師・吉田松陰が見事な第一歩を踏み出すこと
になったのである。
 この時より藩主・敬親は、松陰の人物才能を認め、以後、松陰に対する親試は、
十三歳、十五歳、十七歳、十九歳、二十一歳と六回に及んでいる。