特集『武器史』 1998/12/14

会場:世界史ボード/日本史ボード
期間:12月14日(月)より12月30日(水)まで
対象時代:古代から現代まで
イベント用ヘッダー:武器史】
(他と区別するために必ず書いてください。)
内容:

己を守り敵を倒す。ただそれだけのために存在する道具、武器。

獲物を狩るための道具を人に向けた時から、武器の歴史は始まりました。多くの血の代償と引き替えに改良・発展していった武器は、火薬の発明を契機に飛躍的な発展を遂げることとなり、戦術面の進歩・改良の著しかった近世以降には、用途別に専門化が推し進められ、体系的に武器の研究開発・改良が行われるようになりました。

そして20世紀、科学技術の急速な進歩により第1次大戦では航空機・潜水艦が、第2次大戦ではレーダーやミサイルの始祖が登場し、現代においてはエレクトロニクスを駆使したスマート兵器が主勢を占めるほどになっいます。

本イベントでは、これら武器の開発・運用の歴史や、後世に及ぼした影響等といった堅いお話から、もちろん雑学的なお話まで、なんでもOK!のイベントです。短い期間ではございますが、多数のご参加お待ちしております。

イベントリーダー:マック(総責任)、ルイ17世(副責任)
          ノイマン中尉、コンコン、四角五角、はな、岡野、
          烏龍。