テーマ:歴史SIG的 新元号考察

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: そんし
第126代天皇のうち重祚した二人分を除くと男系天皇124人。

これは表現を分かりやすくするなら、126人の子を産んだ母親が、皇統男子の夫に対して、「あなたの子よ」と胸を張って堂々と主張してきたことを意味する。

DNAを調べることのできなかった時代では、子を産んだ母親の言葉を信じるか信じないかの宗教でしかなかった。

いくら母親が主張しても、それを信じる人がいなければ後胤とは認められない。つまり、それだけの人を信じさせる能力のある説得力を持つ母親達の存在が初代の天皇から現代まで延々と存在し続けたということ。それがなければ、とっくに皇室など消滅していた。感謝しなきゃ。

そんし

[2019年05月14日09時54分]
お名前: マック
自分の好きな相手と相思相愛になり
結婚するのは、あくまでも理想。

現実は、
まあ、こんなところか。
もう、どうでもいいや。

本当のところ
配偶者は、強い運勢をもっている・・・
と感じる相手。

さらにいうと
一緒にデートしていると、些細なことでも
トラブルを回避して幸運に思えることかな。

周囲から祝福を受けることが大切だよ。

上皇さまは、皇太子時代、危機感を持っていた。
この危機感を孫達が、共有しているかどうかだよね。



[2019年05月12日02時20分]
お名前: 広嗣
 敬宮愛子に限らず、秋篠宮佳子だって、いや秋篠宮悠仁にしたところで、将来アフリカ系の人と結婚したいと言い出す可能性はあります。

 アフリカ系よりも韓国人や中国人を相手に選ぶ可能性の方が高く感じますが、その時は少なからずネット民が吹っ飛ぶのではないでしょうか。


[2019年05月09日13時16分]
お名前: そんし
弓削道鏡事件のトラウマで、女性天皇は結婚できないという不文律ができて今日まで守られている。愛子内親王を女性天皇にするなら生涯独身を貫いてもらわないと許せないという連中もいるでしょうね。

同じ皇室トラウマとしては継体天皇の苦い思い出もあり、男系に四代天皇が現れない皇族は野に下るという不文律もあったが、それを適用するなら旧宮家に皇位継承権者はひとりもいないことになる。

弓削道鏡の末路はあわれなもので、私の地元の下野国に流されてそこで殺されている。

栃木県は皇室とは縁の深い県で、上皇の疎開先だった日光や、皇室ご一家の夏の避暑地、那須御用邸や、宮中晩餐会の食材になる家畜を飼育する御料牧場もあるので、毎年必ず一度以上は今上陛下が訪れる県だ。

その一方で道鏡終焉の地や、逆賊足利尊氏の父祖の地や、幕末の賊軍徳川氏の開祖徳川家康をまつる日光東照宮などの皇室にとっては陰の部分もある。だからなんだというわけじゃないけれど、日向と陰は表裏一体ということで。

そんし

[2019年05月08日07時47分]
お名前: そんし
最近深夜放送でやっているアメリカのテレビドラマ「SUITS」を楽しみに観ています。
つい最近、日本でリメークドラマとして同名のドラマをやっていたので、ストーリーはよくわかります。驚くほど内容はそのまま。それこそアメリカ人の名前を日本名にしただけで内容は全く同一のドラマでしたから。

悪友にそそのかされてやったちょっとした悪事がバレて学校を追われロースクール(小室氏が行ってる学校)の道を絶たれた天才が、偶然弁護士事務所に偽弁護士として雇われ活躍するというストーリーで、高級なスーツを着れば人は外観で優秀な弁護士と疑わなくなるというのがドラマのタイトルの意味です。この手のリーガル物のドラマは、アメリカではウケるようですね。

主役の男が、その弁護士事務所のパラリーガル(小室氏がやってる職業)の女性秘書に恋心を抱くのですが、その女性の役をやってる俳優がメーガン・マークル。2日前にイギリスヘンリー王子の第一子男児を産んだサセックス公爵夫人メーガンです。

日本では眞子内親王のお相手がふさわしいかどうかなんて小さな事で騒いでいますが、そんなことを言うなら公爵夫人はアフリカ系のアメリカ人の血を持っていますが、それがさしたる反対運動にならずに祝福されている。

外交官の母親を持つ愛子内親王が、将来いきなりアフリカ系の男子と結婚したいと言い出す可能性は、旧皇族の御曹司と婚約する可能性よりはるかに確率は高いと感じる。そのとき、女性宮家、女性天皇、女系天皇と騒いでいるあの連中(どの兼中か知らないけれど)は、どんな反応をするのだろう。

そんし

[2019年05月08日06時45分]
お名前: マック
あれ???
下の前回の文章の、
リンクに張ったものが、内容が違うぞ。
道鏡の分かりやすい解説文のつもりが

こんなの知らない!!!!!!!!!!。

これは騙された!!!。

以下のこちらに訂正してください。
ウッドペキアがやはり1番良い。
内容が分かりにくいけどね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%93%E9%8F%A1

**

[2019年05月07日06時16分]
お名前: マック
昔、昔、
道鏡という僧侶がおりました。
女性天皇のご寵愛深い人物で
ひょっとして、天皇になりそうなところまで
きた人物です。

https://plaza.rakuten.co.jp/hinaryou/diary/201706280000/

道鏡というと、巨O伝説で有名ですけど、
これにはモデルがいて、
秦の始皇帝の母親の愛人で処刑されたとき、
立派な持ち物があったとかで
まあ後の時代で、そのような話に変わってゆくのだわね。



[2019年05月07日06時04分]
お名前: 広嗣
 タブロイド系週刊誌は読みませんし、嫌韓や嫌中に現を抜かしながら尖閣諸島や竹島について騒ぎ立てるくせに東京都の空を事実上米軍に占領されている現実には口を噤む植民地敗北主義のネット右翼のことでしょうか、ネット民の反応も知りません。しかしそんしさんの最終段落の意見には賛成です。

 この連中とどう関わっているか分かりませんが、「日本の伝統」を声高に叫ぶ人がいます。天皇制は「素晴らしい日本の伝統」だというわけです。それはそれで結構なのですが、一世一元の制と言い、天皇を含めた皇族の洋装と言い、過去約150年、5代の制度に過ぎません。

 明治以前の伝統であれば、平成時代は何度改元したか分かりません。

 日本では延べで徳仁天皇を含めて126人が即位したとされています。今の系図が正しいとして、約2650年の内の約150年、126人中の5人でしかありません。

 柳澤伯夫ではありませんが、男系の男子にのみ皇位継承を認める現行の皇室典範は、女性に「産む機械」であることを強いています。

 過去に125人中延べで10人の女性が即位しています。理由や事情はどうであれ、過去に女性天皇がいた事実は、女性天皇は日本の伝統であると言って良いでしょう。

 確かに女性宮家はなかったでしょう。しかし伝統は変わりゆくものです。繰り返しますが、一世一元の制や皇族の洋装は、長い天皇制の歴史の中では僅かな期間の話です。

 「サヨク」は反対の為の反対をすると攻撃する人がいます。ネット民の反応は、この反対の為の反対に思えます。


[2019年05月06日04時29分]
お名前: ヘイ
新しく宮家を作ることになれば、男性であろうと女性であろうと、生活費がいるわけですね。
これは国家予算で計上するわけだから、平たく言えば税金ということになります。
まあ金の問題ではないのかもしれないが。

眞子様の結婚について
秋篠宮家ではどう考えているのか?
礼宮様のように皇籍を離脱させてからの話なのか、それとも皇籍を離脱させずにということなのか?
皇籍を離脱させる場合、小室さんの収入というか生活力が問題になってきます。
皇籍を離脱させない場合、新しく宮家を作るということだから、秋篠宮家に支給する金額とほぼ同等の金が国から支給されるわけですね。

まあどうなるのか、ちょっとわからんですね。


[2019年05月05日11時13分]
お名前:そんし
タブロイド系週刊誌による皇室ニュースいじりが盛んですけれど、その商法にまんまと乗せられて騒いでいるネット民らの悲哀というか想像力の欠如というか、どうでもいい話ではありますけれど、外側からいじり返してみたい気分になりました。

事の発端は眞子様のご婚約相手が皇室にはふさわしくないというところから端を発して、眞子様は婚約解消すべき、秋篠宮や紀子様のご教育が自由すぎて問題、佳子様も後続の自覚がない、などとエスカレートしていき、行き着くところは、秋篠宮家に皇位が移らないよう女性天皇を認めて次の天皇は愛子様に、その後は女系天皇を認めるべしという話になっていっています。

しかし想像力があれば、これは激しく矛盾した話だとすぐに気づくはず。

女性天皇を認めるには、まず先に女性宮家を認める必要があるでしょうね。今上陛下はまだまだ長生きするので、このままではその間に愛子様は民間に嫁いでいってしまう。そうなったら女性天皇になれないので、結婚しても皇族のままでいられるよう、まずは女性宮家を認めるのが先ということになります。

そうすると、女性宮家を認めれば当然のことながら眞子様にも女性宮家を認めることになります。

次に女性天皇を認めることで愛子様が女性天皇になる道を作ったとします。すると皇位継承順位は男女に関係なくなるので、愛子様が皇位継承権第1位、続いて秋篠宮が第2位、そして第3位が眞子様ということになります。

皇位継承権の無かった眞子様が、突然女性宮家を認められ、小室氏はその後に結婚すれば皇族の一員ということになります。

愛子様にもしもの事でもあれば、次の時代は眞子天皇ということになります。すると小室氏は日本版エジンバラ公。

ましてや愛子天皇の子供が次の天皇になれるよう先走って女系天皇まで認めてしまっていたとしたなら、眞子天皇の子供は次の時代の天皇になる。皇室の歴史上はじめて現皇室系列以外の男系天皇が誕生し、現皇室の男系皇族にとってかわり、小室男子系の新しい天皇の系図がスタートすることになるわけです。

女系天皇を認めるということは、そうなる可能性ゼロだった小室系天皇に道筋を作ってしまうという事なのに、週刊誌に踊らされているだけの想像力の無い連中は、最も嫌っているはずの小室系天皇誕生を願ってしまっていることに気づいていません。所詮その程度の想像力で騒いでいるだけなのです。

そんし

[2019年05月04日23時59分]
お名前: 広嗣
 訂正です。

 4月2日の書き込みでら行で始まる元号は史上初だと書きましたが、間違いでした。

 過去に8世紀前半の霊亀(れいき)、13世紀前半の暦仁(りゃくにん)、14世紀前半の暦応(りゃくおう)の3つがありました。霊亀は和同開珎が鋳造・発行されたことで知られる和銅に続く元号です。暦応は北朝の元号です。


[2019年04月29日04時56分]
お名前: ヘイ
新元号のせいで、エイプリルフールが霞んでしまいましたね。

エイプリルフール自体がたいしたネタではないから、これでもいいのかもしれないが。


[2019年04月02日12時55分]
お名前: そんし
和は乱の反対の意味を持つ語なので(反対語じゃありませんが)、権力に逆らわないという意味があり、権力者がそれを命令する世の中を象徴的に表すなんて、ちらっとジョークで考えましたが、ネットでみると真顔で言っている識者もいるみたいですね。

最初は違和感があるので、いろいろとネガティブな言われ方をしますが、そもそも元号に興味を持っている国民なんて国粋主義者以外はごくわずかなので、あっというまに馴染んで、「そもそもどういう意図か」なんて話は、七十五日を過ぎた頃には誰の口にものぼらなくなります。

自分の名前がどういういわれでつけられたのか、なんて親にちゃんと聞いたことはないという人が大半なのと一緒です。親は親で、聞かれると、語呂がいいので付けたなんてペットの名前を考えたみたいなことが言えずに、もっともらしい理由をつけるだけです。

だから語呂がいいのでつけただけで大意はない、というのが本音なのかも知れません。
本当はポチでもジョンでも何でも良かったのでしょう。

[2019年04月02日10時36分]
お名前: 広嗣
 新元号がら行で始まるのは、「一本取られた」という感じです。

 ら行で始まる元号は、ざっと調べた限りでは史上初です。天皇の諡号では冷泉天皇の例があります。

 漢文調で読めば、「令和」は「和ま令(し)む」になりますので、平和を祈念した元号という理屈は立つのでしょうか。


[2019年04月02日08時44分]
お名前: ルイ17世
新元号は「令和」に決まりましたが…やはり、巷で予想されていた「安」の文字は
安部総理の「安だ❗️」と叩くバカがいますで回避しましたね。
さて、新しい元号「令和」は、どんな時代になるかな⁇一先ず、18年後にはR18と
いうネットネタにはなっていましたが(^^;;

[2019年04月01日23時53分]
お名前: ヘイ
>携帯天皇ではまずいだろうなあ。

おっと、令和に決まったから、令和天皇か。
これは死後に付けられるのかな。
現在の天皇は今上天皇。


それから、元号の情報が事前にリークしたため、
急遽令和に差し替えられたという話もあります。
まあここらへんはよくわからんです。


[2019年04月01日22時40分]
お名前: ヘイ
>次の天皇の時なんか、

携帯天皇ではまずいだろうなあ。

>「云々」を「デンデン」と読み、

下書きは東大卒の官僚が作ったものかねえ?


[2019年04月01日17時39分]
お名前: そんし
出典が当たらなかったのは残念。万葉集なんて禁じ手を使われたら当たらないのはあたりまえですが。

令和なら、「○○」なんてネットスラングが使えそうですね。

次の天皇の時なんか、もっとぶっ飛んで源氏物語なんかが出典になったりして。

[2019年04月01日16時06分]
お名前: そんし
中国語で確認してみたら、往化は、「死に向かっていく」という意味があるようなので、絶対ボツですね。
みっともないから、とりあえず「利徳」に変更しとこ。


[2019年04月01日10時08分]
お名前: 広嗣
 元号は「元号法」(昭和54年法律43号)に基づいて制定されますが、「元号法」は元号を政令で定めることと皇位の継承があった場合に定めることしか規定していません。明文上は典拠は中国の文献であろうが日本の文献であろうがどちらでも構わないことになります。

 「云々」を「デンデン」と読み、大学を裏口卒業した某国の首相なら遡れば中国の古典にあるものでも日本の古典に見出されるのなら、それで良しとしてしまうのでしょうね。


 書き易いという点では「ゼットン」のようなカタカナも面白いと思いますが、まず無理でしょうね。


[2019年04月01日09時13分]
お名前: そんし
ところで現皇太子が即位した場合、皇太子がいなくなるので、秋篠宮が皇嗣殿下と呼ばれることになるようですけれど、これは少し違うのではないかなという気がします。

従来からも、次の天皇として皇嗣という言葉は使われていて、現皇太子殿下は立場としては皇嗣です。でも皇嗣の「嗣」とは「実の父子として血がつながっている」という意味を含みます。血がつながっていない場合は「継」の文字を使い皇継となります。

ここから継体天皇という意味深な名前は本当は天皇家の血を引いていないからだろうという話がでてきているわけですが。

ですから秋篠宮の場合は、どちらかというと皇継のほうがふさわしいように思います。もっとも他家からの養子のように男系男子が途切れてしまうほどの事ではないので、誤解の無いように皇嗣なのだと思いますが、本来の意味ではないように思います。

[2019年04月01日03時56分]
お名前: そんし
いよいよ新元号発表の日になりました。

現皇太子殿下(次の天皇陛下)が関心を示していた日本の古典から選ばれる可能性も含め、選択肢の幅は広いと思われますが、出典がある(あるいはなくてもこじつける)のが特徴かと思います。

そこで、わたしのテキトーにこじつけた予想はどうでもいいですが、出典はどこなのか、という点が最も気になるところです。

新元号の選定過程は、従来から公式には公表されていませんので、出典についてももやもやしたものが残る可能性はあります。

ちなみに平成の出典は「史記」「書経」、明治の出典は「易経」と書かれることが多いので、私の書いた話の「平成の出典は尚書正義。明治の出典は周易注疏」と違っていると誤解されてしまうかも知れませんから、もう少し詳しく書きます。

確かに尚書正義や周易注疏から直接取ったわけではないと思います。あくまでも由来の本という書き方があっているかも知れません。

ここで「平成」の出典と紹介した「尚書正義」は、実は「書経」の注釈本です。日本に伝わる「書経」の最古の物は、国立博物館所蔵の「古文尚書(3、5、6、12巻)」と足利学校所蔵の「尚書正義(全13巻)」(いずれも国宝)で、「平成」の出典部分は「尚書正義」に見られます。

もっとも今に伝わる書経は原典書経とは異なる偽書であるという説が有力視されていて、なかなかややこしいのですが。

また「明治」の出典は「易経」と表現されることが多いのですが、「易経」は本来は「周易」と呼ばれていて、足利学校所蔵の「宋本周易注疏」(国宝)は、この「易経」の日本に現存する最古の注釈本です。

[2019年04月01日03時38分]
お名前: ヘイ
新元号アルファベットは「K」?=頻出上位21字から探る
http://www.msn.com/ja-jp/news/national/%e6%96%b0%e5%85%83%e5%8f%b7%e3%82%a2%e3%83%ab%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%99%e3%83%83%e3%83%88%e3%81%af%e3%80%8c%ef%bd%8b%e3%80%8d%ef%bc%9f%ef%bc%9d%e9%a0%bb%e5%87%ba%e4%b8%8a%e4%bd%8d%ef%bc%92%ef%bc%91%e5%ad%97%e3%81%8b%e3%82%89%e6%8e%a2%e3%82%8b/ar-BBVpx8Y?ocid=iehp
>このうち、政府が避けるとしている「明治」「大正」「昭和」「平成」のアルファベットと同じ「M」「T」「S」「H」から始まるものと、2文字目以降でこれまで使われたことがない「天」「康」の組み合わせ、さらに地名と重なるものなどを除外。

まあ色々と考えるものですな。
大学入試問題を予想するようなものか。

そういえば、西暦は「S」になるから除外だね。
というか、この論理でいいのか?


[2019年03月31日12時47分]
お名前: そんし
図書館に行って「周易注疏」を眺めてきました。読んできたというと大嘘になってしまうので、絵画を鑑賞するように「眺めてきた」が正しい表現です。

レプリカ本も確かあったはずなのですが、閉架書庫にあるみたいで、研究者でもあるまいに、出してこいは言いにくかったので、特別室にあった写真製本のほうを見てきました。本物は巻13まであるのですが、こちらはそれを上巻下巻2冊におさめてある本でした。

周易注疏がみたいと図書館の司書かどうかわからない受付の人に聞いたところ、誰も知りませんでした。「足利学校の国宝です」といったら、特別室に通されて、足利学校関連図書の棚から、ようやく見つけだしました。

新元号はこの「周易注疏」から選ばれると勝手に予想しましたが、実際にそうなったりしたら、明日以降この本は正面入り口にあるガラスケースに該当箇所が開いた状態で展示されるのでしょうね。

そこで時間は1時間しかなかったので、急いで閲覧したものですから、とても内容を精査している暇はないので、占いの本らしく、目をつぶって適当に開いたページから、新元号を探そう、ということにしました。

適当に開いたページは、「巻12第13葉前」というところでした。これは巻12の、13葉の前段という意味です。

すると、真っ先に目に付いたのは、一段と大きい文字で書かれた部分で「利用安身以崇徳也」という一文でした。

「おおこれだ」と思ったのですが、でもここから文字をとるとしたら、「安徳」「崇徳」などとなってしまい、これはさすがに採用できません。安徳天皇は海に沈んだ不運の天皇ですし、崇徳院は保元の乱で失脚した上皇です。

ほかにとみると、次に目にとまったのは同じページの中の「過此以往未之或知也窮神知化徳之盛也」です。

こちらなら、いろんな組み合わせがありそうです。「往化」「往徳」など。そこで、徳の字は字画が多くて忙しい現代には不向きな文字と考え、わたしの新元号予想は「往化」としました。

いじょう・・・。

[2019年03月31日12時10分]
お名前: そんし
新元号発表目前となりました。

もし本当に当たってしまったりしたら、歴史SIGは日本で最も有名な歴史フォーラムになってしまい、そんなことにでもなったら、行列の先には、まがい物批判の嵐が待っているなんて悲惨な出来事に巻き込まれてしまいそうですから、ぜひ当たらないでほしいと思うのですが、間違って当たってしまう確率は、どう考えても一等宝くじに当たる確率より低いと思いますから、歴史SIG的考察による新元号予想をしてみたいと思います。

平成元号の際は昭和天皇御崩御ということもあって、そんなお祭り騒ぎはできませんでしたから、せいぜい発表後に「これは、あの平城天皇の平城とかぶっている不吉な元号ではないか。城は略して成と表記されることもある」といった、その後に発生する大震災の数々を予言したような書き込みが行われた程度の歴史SIGでした。

ちなみに平城天皇の践祚に伴う改元は平城ではなく大同です。平城天皇と呼ばれているのは平城宮に再遷都した天皇だから。あの有名な薬子の変の藤原薬子を人妻なのに寵愛したという天皇でもあります。

それで新元号ですが、私は、「周易注疏(しゅうえきちゅうそ)」を出典として、そのなかから選ばれるとみました。

「明治」「大正」の元号は、「周易注疏」が出典だと言われています。それに対して、「昭和」「平成」の元号は、「尚書正義(しょうしょせいぎ)」が出典でした。

しかし、天皇親政が頂点だった「明治」や、穏やかで大正デモクラシー華やかだった「大正」と比較して、第二次大戦の敗戦が強烈な印象の「昭和」、大地震などの天災が相次いだ「平成」と、闇の部分をどうしてもイメージしてしまいますので、このあたりで、古き良き時代に戻ろうというメッセージを込める意味で、「尚書正義」ではなく、「周易注疏」から選ばれるのではないかというのが、私の考えです。

では「周易注疏」から、どんな言葉が元号に採用されるのかといえば、残念ながら「周易注疏」のような難しい書物は手元にないし、あったとしても漢文なんて読めもしませんから、私には到底予測不可能です。

「周易注疏」とは「周易」という周時代の易書(易占い)について「注疏」つまり注釈いりで解説した書物という意味です。

現存する「周易注疏」のなかでは、足利学校に保存されている「宋版周易注疏」が世界で最も古いと言われています。足利学校では易学は必須科目のひとつでしたからこういう書物があるのは当然と言えば当然です。

そこでこの書物についてレプリカも用意されている地元図書館にいって確認してみようと思うのですが、慌ただしいなかで、何とか時間が作れるのは3月31日の午前中しかないので、この日、急いで図書館に行って、時間が無いので本当に「適当に」ピックアップしてこようかと思っています。

それで、わたしの予想発表はそのあとで。


[2019年03月29日10時52分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。