テーマ:映画】キングコング:髑髏島の巨神

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: そんし
早く行かないと上映期間が終わってしまいそうだったので、忙しい仕事の合間に、ちょいと観てきました。なにせ家から5分の距離にシネコンができたので、映画が始まってから出かけてもまだ予告やっていて間に合いますから、忙しくてもなんとか観に行けます。

髑髏島というと、どうしてもヤッターマンを思い出して、ドクロの形をした島を連想してしまったのですが、ちょっと違っていました。

迫力ある映画に仕上げたつもりのコングの顔が画面一杯というシーンが何度も出てきたのですが、なぜかそれがさっぱり迫力を感じません。普通にお猿さんの着ぐるみ人形のアップみたいで。CGのせいなのかも。

ストーリー性が全然無くて、人間関係の繊細さが欠けていたため、それぞれの人物の意外な行動が、いずれも唐突感があり、それってこのシーンで必要かと首をかしげるような場面がいくつもありました。

島に上陸した途端にいきなりコングが全開で登場して大暴れで、戦争映画で最初から最後まで、やたらドンパチやってるだけなんてのがありますが、あれの怪獣版みたいな感じがしました。それでいて怪獣の種類と量が少なく、かなり迫力に欠けていました。

2Dのせいかもしれませんね。3Dで作った映画を2Dで観るとどうしても迫力がなくなります。

どれをとっても全体に中途半端で、完成途中の映画を試聴してきたような物足りなさを感じました。

こうなると、エンドロールにまでケチを付けたくなるのですが、最初から最後まで同じ壁画の背景に延々とおなじ文字フォントのエンドスクロールで、いつも映画制作者の思いが感じられるエンドロールを最後まで観てくるのに、さすがに途中で出てきてしまいたくなりました。

でも最後まで観ていたら、次回作の予告を連想させるような、帰還後のシーンが一瞬流れましたので、エンドロールの途中で出ていってしまった大半の観客はこれを観られなかったわけで、ほんの少しだけ得した気分にはなりましたが。

総評としては「、おいおい、何期待して観てたの。頭が疲れてたときに観る映画としては最高にいいできだったろう。」と自分に批評をしたってところです。

ところで「キセキ あの日のソビト」以降に観た映画は、「彼らが本気で編むときは、」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」といったところです。

邦画のウェイトがかなり上がっていますが、でも、いずれもパッとしない映画のせいか、わたしの歳のせいか、すでにどんな映画だったのかほとんど思い出せないのもある。

そんし

[2017年04月09日15時24分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。