テーマ:臓器提供意思登録

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: そんし
ええ、すこぶる快調に過ごしていますけれど。

それはそうと、最初の話の「骨髄移植した知り合い」は、そうじゃなくて、「ドナー提供した知り合い」ですね。ちゃんと書き直さないと、話がみえなくなる。いまはおつきあいはしていませんが。

体は、いたって元気です。元気ついでに、術後は連日徹夜仕事。昔から4時間睡眠で仕事やってましたから、どうってことないけれど、さすがに最近は止められます。

11月にはココワインの収穫祭がありますよ。
http://cocowine.com/home_info/harvest-festival/

そんし

[2014年09月01日21時29分]
お名前: 四角五角
 心臓手術が無事に済んでおめでとうございます。 
 私の知人は不整脈で心臓に根性焼き?をしたのですがあまり効果が無かった様でぼやいています。

 え〜、私もドナーカードは財布の中に入れています。「提供しない」で・・・・。「する」でも良かったのですが、いざ○をつけようかと思うとちょっと怖いというか寂しいというか複雑な気分になりました。

 ともかく、さりげなく広嗣さんのダジャレもはいってまずは目出度しということで(^o^)
[2014年08月30日23時02分]
お名前: マック
そんしさん、大丈夫かな。
仕事で忙しいのなら、良いのですけどね。

[2014年08月29日04時48分]
お名前: マック
それでは、快気祝いに、おひとつ
薬師丸ひろ子で、大人の魅力たっぷり。太っているのが、よいよ。
高画質にしましょうね、ドレスの胸元の汗が、た○らん。

http://www.youtube.com/watch?v=955x2TFXcgw

7秒間のCMが、はいりますけど、それは、お約束ごと。

[2014年08月06日03時52分]
お名前: 広嗣
 心臓の手術は、欠陥の多い血管を広げる手術だったのですね。

 そんしさんの書き込みを読んで、早速インターネット経由で仮登録しました。勿論「提供しない」ですが。(^o^)

 最近は運転免許証の裏側や健康保険証の裏側に意思表示する欄がありますが、不精な私にとっては一々全部に意思表示するのは、面倒くさい話です。インターネット経由で登録しておいて、紙の登録証も持っておくというのは、良い方法です。


[2014年07月28日05時27分]
お名前: マック
えっ、今年、心臓の手術をしていたのですか??
一般的には、血管を広げたわけですね。

ご無事で何よりです。

[2014年07月28日05時07分]
お名前: そんし
「臓器提供意思表示カード」というのがありますが、私はずいぶん昔、骨髄移植した知り合いの話を聞いた頃から、この「臓器提供意思表示カード」を持ち歩くようになりました。

今年心臓の手術をしまして、これを機会に、ボロボロになって古くなっていた「臓器提供意思表示カード」を更新しようと確認したら、いまはカードだけではなく、ネット上に意思登録することもできるようになったのですね。登録するとあとでカードが郵送されてきます。

以前は確か、「臓器提供意思表示カード」と呼んでいたと思うのですが、送られてきたカードを見ると「臓器提供意思登録カード」となっておりました。

そこで、ネットにも登録し、登録者に送られてくる新しい「臓器提供意思登録カード」を、古くなったカードと交換に、免許証入れにしまいました。

臓器提供するなんて、なんてすばらしい人なんだ、などと誤解しないように。
実は今回更新したのは、以前とは状況が変わったからで、その表示している意思は「臓器を提供しません」というものです。

これは、私が意思表示しないまま突然死亡したとき、遺族が苦しまないようにという配慮です。こういうものは、自分は死んでいくので、あくまでも残された遺族が決めることだと思うからです。

それで以前なら、私の家族は、社会正義の強い家族だったので、私が意思を示さずに死亡したとき、臓器提供について病院から問われると、提供しても良いという気持になったと思うのです。でもそのとき、もっとも尊重するのは故人の意思。意思がどうだったかが不明なまま、いくら社会正義とはいえ、勝手に臓器提供した場合、本当に良かったのかと、後悔して苦しむことになる可能性があります。

そんなときに、「これは故人の意思でもあった」と言い切れるなら、少しも後悔がありません。だから私は、家族の気持ちの後押しになるはずと信じて、「家族はどうしたいか」を考えて「臓器提供する」という意思表示カードを持ち歩いていたのです。

ところが今回、本当に死んでしまうかも知れないようなアクシデントがあった時、家族の様子を見ていて、落ち着いた年齢になってくると、家族の気持も社会正義から、家族愛に強くシフトしていっていることを確認しました。

そうすると臓器提供は断りたいという気持になったとき、私が「臓器提供する」というカードを持っていりしすると、今度はいままでと違い、故人の崇高な意思を無視して断ってしまったとき苦しむことになると感じました。

気持は年齢とともに変化していくのは、普通の事と思っておりますので、私もそれに寄り添って、家族が苦しまなくて良いためと思い、今回「臓器を提供しない」という趣旨の「臓器提供意思登録」をしたというわけです。

そんし

[2014年07月25日09時50分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL