テーマ:映画】「遺体 明日への十日間」

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: 四角五角
 東日本大震災から2年。実際の遺体安置所を舞台にした映画「遺体 明日への十日間」を見てきました。

 2011年3月11日。地震が起きるまで何らいつものと変わらない日常が釜石の町にはあった。しかし、震災後町の風景は一変する。遺体安置所に運び込まれてくるご遺体の多さと、その扱いの不慣れさを目撃した葬祭業を働いていた相葉はボランティアとして働く事を決める。

 全てがリアルとは言わないけれど、この映画で日本人の優しさを感じました。その最初が西田演じる相葉が遺体安置所に入る時に裸足になるシーン。実際、3月の釜石は寒く、泥だらけの遺体安置所を裸足で歩くのは色んな意味で無理だと思うけれど、ご遺体に対する思いをああいう形で表現したかったのでしょう。
 他にも効率良く運ぼうという発想がなかったわけではないだろうけれど、それでもご遺体を山積みにすることもなく平積みで運ぶ。名前が判明しているご遺体には名前で呼びかける。
 上記の二つはこの映画を観た外国人が驚いた事だそうです。

 この映画で監督はあまり俳優に演技指導はしなかったそうです。台詞とその場の雰囲気から感じ取ったままの演技をして欲しかったそうです。アドリブも多かったそうです。

 出演俳優でが西田敏行以外にも医師に佐藤浩市、歯科医に柳葉敏郎。他にも緒方直人、佐野史郎、沢村一樹、國村隼と見事な俳優陣です。

 
 なんとなく「おくりびと」を思い出しました。震災とは関係なく、日本人の死生観を、その優しさが出ていた気がします。

 この映画の収益金は全て被災地に寄付される予定だそうです。あれ?ギャラは出てるんですね・・・。

 評価
 ☆×2>余韻に浸れます
[2013年03月11日19時58分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL