テーマ:映画】「東京家族」

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: 四角五角
 小津安二郎の名作「東京物語」を山田洋次がリメイクした「東京家族」を観てきました。

 物語は、東京で暮らしている3人の子供に会う為広島の島で暮らしていた老夫婦が上京する。東京郊外で開業医の長男、同じく都内で美容院を営む長女、舞台の大道具のバイトをしている次男はそれぞれに両親を歓迎するも、仕事が忙しく両親に寂し思いをさせる。老父は亡き親友の家に親友と行き、老母は次男の住むアパートへ行く。老父は現実に理不尽を覚え、老母は一番心配していた次男に婚約者がいることに安堵する。
 それぞれの思いを抱えて長男のいる家に帰るが、帰宅直後に老母は倒れ、そのまま帰らぬ人になる。遺骨と次男とその婚約者と共に故郷に帰る老父。

 「東京物語」は観ていませんが、この「東京家族」はどこにでもあるような日常の一家族の風景を実に丁寧に描かれていると思います。そして、今の日本が抱えている問題も嫌味にならない程度に風刺もしていました。

 良作のなのでここはあえてマイナス点をあげてみます。
 まず、お客さんを泣かせる手段として老母を幸福の中で死なせる。老父でも良いのですが、年老いた親が死ぬシーンで泣かせるのはありきたりで、あざといです手段ですね。
 出来の悪い次男坊はフリーターでも福島にボランティアに行き、そこで婚約者を見つけるというのはタイムリーで実際にあるケースなんでしょうが、今のご時世をリアルに表現するのならばこの次男坊は独身で恋人も無しというのがより風刺的でしょう。まあ、これじゃ老母が次男坊の暮らしを見て安心して死ぬという演出は使えませんけどね。
 次男坊はともかく長男は開業医で、長女は美容師として結婚もしている。そりゃ、100%の満足は得られないけれど、これに不満を言う親というのは少々贅沢でしょう。少なくとも息子と同居し、その嫁さんにあれこれ干渉されている友人に愚痴をこぼすなんて贅沢すぎです。

 印象的なシーンは、最後に家で1人足の爪を切る老父の姿。葬式の間は人が大勢いるのに、終わってしまえば1人きり。当たり前だけれど家が広々と感じますね。

 キャストですが老父に橋爪功。老母に吉行和子。長男:西村雅彦、長女:中島朋子、次男:妻夫木聡。他に小林稔侍に林家正蔵、風吹ジュンとまず落ち着いた俳優陣です。特に橋爪功の立ち振る舞いがリアルです。

 蛇足
 柴又が出てきた時はちょっと嬉しかったです。

 評価
 ☆×2>余韻に浸れます
[2013年01月25日19時09分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL