テーマ:逆賊一味

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: そんし
北朝鮮の放送を日本語訳したものが、「戦争の暗雲をもたらしている逆賊一味をわが軍隊と全人民、全民族は絶対に許さない」と報道されましたが、これが本当なら、韓国を「逆賊一味」と表現したということになりますね。

逆賊とは、「主君に背いた賊徒、反賊」(広辞苑)という意味で、日本ではその代表といわれているのが足利尊氏です。主君に背いた代表なら、普通は明智光秀ですが、明智光秀の場合は逆賊ではなく逆臣と呼ばれます。

この逆賊と逆臣の違いは、どこにあるのでしょうか。逆臣は、主君にだけ背いたことになりますが、逆賊の場合は国家に背いたことになる違いがあり、逆賊を使うのは、世界を統べる帝王に背いた場合です。日本で言えば天皇ですね。

皇軍に対する賊軍ですから、逆賊という言葉を使う場合は、使う側には皇帝が存在するわけです。つまり北朝鮮は人民共和国ではなく帝国であるという前提がなければ、敵を「逆賊一味」とは呼ぶはずがないという事になります。

[2010年05月30日11時22分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL