テーマ:再会について

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: 広嗣
 報道によると、朝鮮が再会場所に北京を指定してきた際にジェンキンスには曽我を連れ帰ったら褒美をやると言ったそうな。しかし、大衆車「市場」のない朝鮮では車を持っているだけで「エリート」扱いされるところはあるようですが、その褒美が車とは。

 それはそれとして、その車は金正日が乗るようなベンツなのか、(功績のあった)一般労働者が乗るようなものなのか、その中でも破格の「高級車」なのか。興味本位の話ですが、ふとそんなことを思いました。


[2004年08月01日00時42分]
お名前: 広嗣
 あの弱々しく杖をついて歩く姿は、何だったのかと思うくらいに「嘘」がばれましたね。おまけに入院している病院名も、しっかりばらされていますし。

 4月に受けたと言う手術は、前立腺の手術だったようです。前立腺の何の病気かは知りませんが、まぁ、他に言われていたような「重大な病気」もないようですし、大山鳴動鼠一匹というところですね。これで医師団を組む羽目になった病院も、いい迷惑じゃないの。

 「重大な病気の可能性」はジェンキンスを日本に来させる日朝の密約?


[2004年07月24日01時20分]
お名前: 広嗣
 チャールズ=ロバート=ジェンキンスの処遇に問題の焦点が移ったようですね。

 ジェンキンスが「脱走した」時期は、アメリカ合衆国が本格的にヴェトナム戦争に介入して行く時期でもありました。ここで英語を持ち出しても余り意味はないかも知れませんが、ヴェトナム戦争は「Vietnamese War」と言うように、本来はヴェトナム人同士の、謂わば「内戦」でした。この戦争に冷戦下で自ら言い出した「ドミノ理論」に取り付かれたアメリカ合衆国政府が、介入してゆくことになりました。

 ジェンキンスの「脱走」も、ヴェトナム戦争に行きたくないという理由からだったという報道もあります。米軍が最終的に撤退する1970年代前半までにかなりの脱走兵が出たようで、事実上ヴェトナム派兵の中継地であった日本でも、脱走兵を匿った人々がいたことが知られています。ジェンキンスの場合は、不幸にして(?)逃走した先が敵国だったためにカーター政権時代の免責が受けられない(政府としては与え難い)情況になってしまっています。(ご存知の人はご存知のように、朝鮮戦争は国際法上は休戦であり、今も戦争は続いていることになっています。)

 ジェンキンスは有罪判決は免れないと思います。しかし、既に駐日大使のベーカーが「個人的な意見」として言っているように司法取引を条件に死刑とはならないでしょう。後は執行猶予などの有無も含めた量刑の問題になるのでしょう。


 司法取引・・・、あらゆるものがビジネスになりうるアメリカ合衆国らしい独自の制度ですね。


[2004年07月20日01時33分]
お名前: ルイ17世
>スイートルームどころか1階を借り切っているように思えます。

 今回、ジェンキンスさんが入院した病院(おそらく大学病院?)
も「個室」でしかも特別室みたいですし、おまけに保険がきかない
分「医療費」の事を考えると、値段的にはそんなに変わらないかも
しれませんが、ま〜これくらいの負担は外務省機密費でなんとか
するでしょう^_^;。
 
>で、害務笑は、いくらなんでも、公正さに欠けるとかで、5万円で
>契約したとか・・・

 今回はJALでしたね。こちらも宣伝効果狙いですか・・。
かといって、米軍機に頼めないしな^_^;

追伸:ジェンキンスさんですが、実は脱走でなく「拉致」された
  という報道まで出てきました。
   「拉致」だと、確かにアメリカの訴追は無いでしょうけど
  ちょっとこれは無理があるような。
[2004年07月19日20時27分]
お名前: ATTILA
 ジェンキンスはんご来駕のお迎え用お車代・・・じゃなくてお飛行機代は1円で落札されたそうです。

 で、害務笑は、いくらなんでも、公正さに欠けるとかで、5万円で契約したとか・・・

 1円と5万円、似たようなもんだと思うぞ。(苦笑)

[2004年07月19日01時18分]
お名前: 広嗣
 報道から推測する限りでは、スイートルームどころか1階を借り切っているように思えます。(赤字)国債残高が700兆円を越えるような状況で、いつまでも続けていては、政府ではなく、曽我一家、ひいては拉致被害者や家族への反感や攻撃に向かいかねません。もっと遥かに安く朝鮮側の干渉を拒める場所があれば、そこでの時間稼ぎも可能なのでしょうけどね。

 日本で治療と言っても、実態は日本政府がジェンキンスを事実上拘束することになるのでしょう。

 朝鮮がジェンキンスが日本に行くのを認めたのは、出発する前から既に朝鮮政府が決めていたことなのではないでしょうか。ただ朝鮮側の面子もあるから指導員と呼ばれる人を同行させたけど、朝鮮が現地の判断でこうした決定を下せるとは思えません。認めた理由は、国交回復であり、ルイ17世さんが言うように日本の援助なのでしょう。それと、朝鮮は「悪の枢軸」などではないということを示して、アメリカ合衆国に攻撃の口実を与えない目的もあるのでしょう。

 外交カードでもあるのだろうけど、よど号事件の容疑者への対処も見ると、朝鮮政府・労働党は、国内の政治・経済上の問題で去りたい者は去れという状況に追い込まれているのじゃないかとも思います。


[2004年07月18日00時56分]
お名前: ルイ17世
 え〜明日ですが、曽我・ジェンキンス一家は日本に帰って
まいります。
 名目は、ジェンキンスさんの病気治療ですが、この前までは
元気で歩いてテレビに出ていたジェンキンスさんが、今日の
テレビでは杖をついて、いかにも病弱そうだったのは「?」
というのは・・・この際おいときまして。
 ま〜この手しか「日本行き」そしてアメリカの訴追を免れる
ための時間稼ぎはなかったということでしょうか。
(まさか「汚職が起きたとき、当局の追及を逃れるため関係者
が病院に入院する」のを参考したとは思いませんが)

追伸:ジェンキンスさんが、日本行くことを北朝鮮が黙認した
   ということは、やはり援助目当てかな?

おまけ:こことは関係ないけど、日本歯科医師会がらみの
   「橋○派」への汚職疑惑が出てますけど・・・・
    これは参議院選挙後の政局絡みの「小泉(○派)」の
   牽制かな?なんせ、橋○派は反抵抗勢力らしいですし
   特に小泉総理の「郵政改革」にはいろいろあるみたいです
   から・・・おっと、これは私の勝手ながらの推測ですけど^_^;。
[2004年07月17日22時53分]
お名前: 広嗣
 映画やドラマでよく航空機やホテル、旅館の名前が大写しになる場面があります。政策側が制作費をケチった分の「見返り」という話しを聞いたことがありますが、今回のANAも、赤字分は広告・宣伝費くらいのつもりなのでしょうね。


[2004年07月13日01時47分]
お名前: ルイ17世
>家族乗せた全日空チャーター機なんと激安5万円!

 ま〜結構テレビ放映で「全日空」のマークが映って
ましたから、この宣伝効果を考えれば「お得」だった
のかも。
 それとも、北朝鮮との国交が回復した後の日朝
航空路を狙っての考えか?
[2004年07月12日01時30分]
お名前: ATTILA
********************************************************

 「拉致問題」の前進的、抜本的解決には、属国ジパングの売国宰相を更迭するしかないんです。

 いまや、北朝鮮の属国になりかねない状況じゃないでしょうか?

家族乗せた全日空チャーター機なんと激安5万円!

 曽我ひとみさんの家族を北朝鮮からジャカルタに送った全日空のチャーター機がわずか5万円で入札されていたことが10日までに分かった。
          (略)
ZAKZAK 2004/07/10
http://www.zakzak.co.jp/top/2004_07/t2004071005.html

*********************************************************

 いい加減にしろよなぁ・・・ (笑)

[2004年07月10日20時39分]
お名前: ATTILA
 島流しの刑にすれば良いのだな

 ヤッホーを覗いてたら、元米国陸軍軍曹ジェンキンスを島流しにすれば良いのだそうです。

 これは、アイデアでありますな。インドネシアで脱走兵を拘束し、米国に引き渡させる。で、アホの小び泉に、佐渡島に特別監獄を作らせる。米国は、属国ジパングの佐渡島に終身流罪の刑を言い渡す。

 これで、万事、めでたしめでたし (^○^)

 。。。。とっとっとっとう、これじゃ、北の金ちゃんのメンツ対策がないですか。。。

 何かいいアイデアないですかね?


[2004年07月10日05時47分]
お名前: 広嗣
 家族の絆が越えたのは、国家でなく国境のはずですが、何とも大袈裟な扱いという印象は否めません。勿論再会できたことは良かったと思いますが、では、朝鮮政府が死んだとしている10人の家族はどうなんでしょう。本人の意志とは無関係に引き裂かれ会いたくても会えない人は、たくさんいます。

 1年9ヶ月も引き裂かれたのも、インドネシアで再会できたのも、日・朝・米(加えてインドネシア?)それぞれの政権の政治的な都合でしかないです。日本は明日の投票と無縁ではないですし、アメリカ合衆国も厳格な態度で臨んで日本の対米感情を悪化させることは避けたいという考えや、コリアの「非核化」問題を視野に入れての黙認でしょう。朝鮮も、ルイ17世さんの言うようにこれで拉致問題が終わったことにしたいということもあるでしょうし、「柔軟な」姿勢で日本の援助を引き出したいという意図もあるでしょう。

 それとジェンキンス問題はアメリカ合衆国では大して注目されていません。ジェンキンスが「脱走し利敵行為をした」としても、アメリカ合衆国を揺るがすような大罪ではない以上、黙認しても痛くも痒くもないというところでしょうね。


[2004年07月10日01時55分]
お名前: ルイ17世
 え〜もう昨日ですが、曽我・ジェンキンス一家は無事インドネシアに
おいて再会しました。
 案の定、各マスゴミはこれに関して大体的に報道しています。
 前にも書きましたが、ご家族が再会する事に関しては全く異議は
ありませんが、なんかです。
 つまり・・・某局で今回の再会は「家族の絆が国家を越えた!」と
云ってましたが・・・これはお互いの国家の利益が合致したとしか思
えませんという事です。
(つまり、今回の再会で北朝鮮は拉致問題の幕引きそして国交回復
その後の莫大な経済援助を期待し・・・日本は選挙対策ですか?
おっと・・今回家族が再会したインドネシアも大統領選挙がありました
ので、うがった見方も出来なくありませんです。)
 これは、あくまでも想像ですけど、そうだとすると今回の再会は「政治
の取引材料」に利用されてしまったということでしょうか。
[2004年07月10日00時25分]
お名前: 江戸通
>山椒は、山荘とみいうそう
  近くの若狭では、「鼻をそぎ、耳をきる」と言う
物騒な領主の話しが残っており、海の文化とのつながり
で網野史学が、「太良荘」の支配関係を領主の系統まで
調べているようですが、山の富については、関係も難しい
ようですね。iI m(__)m

江戸通
 
[2004年07月09日11時40分]
お名前: 江戸通
 毎日新聞の一面に、安寿と厨子王の話しが最近、
取り上げられていました。
 山椒は、山荘とみうそうですね。人買いが、
日本の歴史にも、登場した時代がありましたね。
 現在は、国連からも問題にされているのは、
所謂、「じゃぱゆき」さんで、相当日本の対応
も批判されておりますが、子供の人権問題と
して養子が人買い同然になりかねないとされて
いるのは、東欧でして、コソボ問題は、ここでも
中心的役割を果たそうとしていると指摘されて
います。関心しない中心ですね。
 伝説では、タイトルになるほど、「山椒太夫」も
主役には、間違いないですね。実際にあったのか?
よく解らないのですが、岩城家の内紛問題に取材し
たのは確かですね。毎日は、国司としていましたね。
羽後あたりかな?
  江戸通
[2004年07月09日11時14分]
お名前: 江戸通
陸奥(みちのく)の領主、部下の陰謀によって筑紫(つくし)にながされたため、
子の安寿(あんじゅ)姫と厨子(ずし)王が乳母や母とともに父をたずねる。
途中人買いにだまされ、丹後の長者、山荘太夫のもとにうりとばされるが、
厨子王はここからのがれ、岩城家再興をはたすとともに、陸奥の国
の国司となる。
 「山椒太夫」の話しから逸脱していますが、さしずめ山椒太夫は、
金日成なのでしょうね。安寿姫は、弟厨子王と会えずに他界したの
かどうか、伝説には結果が幾つかあるようですが、現代の厨子王は
どうなんでしょうか。
  江戸通
[2004年07月08日23時36分]
お名前: ATTILA
 再会してどうなるわけでもないと思うんですよね。

 小び泉がジェんキンス氏に、”日本に来ても米国に渡さない”と説得したという噂がありますが、米国が犯罪人引渡し要求をしないってことはないと思う。

 ということは、曽我・ジェンキンス一家は、二日遅れの七夕泣き別れじゃないのでしょうか?

 政治的には、会っても、会わずとも大局動かずでしょうから、明らかに選挙対策パフォーマンスでしょう。

 これで支持率UP、自民党退潮モード解消とでもなったら、ジパングはインドネシア人にもバカにされかねないと思うけど・・・、でも、やっぱり支持率上がるんだろうなぁ・・・
[2004年07月07日16時45分]
お名前: 広嗣
 朝鮮外交を政権の延命に利用している小泉内閣のこと、投票日直前の再会も、予想していた通りでした。

 小泉内閣が続いていればの話として、また内閣の立場がまずくなったら、拉致問題か何かで目先の功績を見せて、拍手喝采→延命を図るんでしょうね。

>下手に批判すると、前回の小泉様の訪朝後と同じ状態に
>なるかもしれませんので・・・・・

 これって表現は兎も角としても思ったことが言えない社会だということの証です。中国ではインターネットの掲示板に政府批判を書き込んだだけで逮捕されることが珍しくないですが、日本ではそういうことがあるとは聞いていません。しかし、今の社会の動きを見ていると、遅かれ早かれそうなる危険を孕んでいます。

 政府を批判した人に嫌がらせをする人にも、いずれその火の粉は降りかかるはずですが、その時でも自分達の自由は守られると思っているのかな。確かに政府のための自由は守られるでしょうけど。


[2004年07月07日00時59分]
お名前: ルイ17世
 今週9日に、曽我さん一家がインドネシアにおいて再会
する事になりましたが、ご家族が再会する事に関しては
全く異議はありませんが、いかんせん「参議院選挙」の
投票日2日前に実現というのは・・・でも、この事に関して
下手に批判すると、前回の小泉様の訪朝後と同じ状態に
なるかもしれませんので・・・・・
「ちょっと何ですね。」ということで^_^;。
 
 しかし〜各マスゴミが再会の時に大々的に報道する
でしょうから、結局は小泉様の思うつぼかも?
[2004年07月06日20時45分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。