テーマ:文学(中国)の開化

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: 江戸通
>映画「レッドクリフ」で張飛の演戯を見ててそうおもいました。
自己レスです。
 当分の間は、ビジネスという舞台で展開され、直接目にできるか如何かですね。
 「レッドクリフ」の脚本もジョン.ウー監督に持ち込まれたときは、必ず当たる
 とハリウッドへ持ち込むことを主眼にしていたそうです。
  日本で上映された部分では、テレ朝、AVEXとがスポンサーでしたが、完全に当たる
 という自信なのだそうです。
  そのうち、NHKが特集でもするのかも、意気込みがちがいましたね。
  いつもの事に終るかも?

  江戸通
[2009年05月05日16時35分]
お名前: 江戸通
 「文心雕龍」という古書に、
「人之稟才 遅速異文 文之制體 大小殊功」
 という一文があります。三国志には、有名な゙植の
 「豆の歌」がありますが、三歩あるく間にひねった
 素晴らしい詩があります。
  この頃の中国映画には、かなり凝った文字(文学)が
 伏せられてきたなと感じました。
  魯迅以来の現代文学から脱却し、京劇を下地にした、面白い
 加筆というか、映画のシナリオではあるけれども、謂いと思います。
  学生時代には、半年かかって単位は取れなかったけれど、最近、
 「文心彫竜」も読めるようになりました。
  映画「レッドクリフ」で張飛の演戯を見ててそうおもいました。
 清流は、飛ぶように歩きながら考える、留まることはないだったかな?

  江戸通 
[2008年12月22日21時18分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。