テーマ:金光明経を読む

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: 江戸通
 岩波の日本史辞典の記事です。
*****************************
 金光明最勝王経(こんこうみょうさいしょうみょうきょう)
  護国経典(鎮護国家を目的として使用される経典)の一つ、
 最勝王経とも。唐の義浄訳。10巻四天王等による国土擁護、
 人民安穏などを説く。道慈が将来したとされる。天平年間
 (729〜49)に旧約「金光明経」に代わり、御斎会等の
 鎮護国家の法会に用いられるようになり、国分寺はその教説
 に基づいて建立された。
*******************************
 http://www.todaiji.or.jp/index/rekisi/gaisetu.html
 記事にあるように、唐の僧や大仏開眼にあったては、インドからも
僧を招き、諸経典の整理を行なったとあります。
 天平年間に、編纂とはならずとも内容の違うものも登場したのでしょう。
  このような、事業は、国分寺の建設や南北朝時代の安国論寺創建など
 のときしか行なわれないのが普通ですね。
  不本意ではありますが、特に急いだ議論をしているわけでは、ありません
 別トピの「関東の情勢」では、30年以上も前の記事しか参照してません。

  江戸通
[2007年04月22日12時06分]
お名前: 素里奈
 『広辞苑』『金光明経』の項に見る解説では、大乗経典の一。唐の義浄訳『金光明最勝王経』(一0巻)のほか、北涼の曇無讖(とんむしん)訳(四巻)のほか、隋の宝貴等の翻訳(八巻)などがある。・・・と為っており、『高麗大蔵経』第九序に見る、「金光明経」との関連は見出すことは出来ない。 
ともあれ、手元の辞書とにらめっこしながら、『高麗大蔵経・第九合部金光明経・隋沙門釈実貴合 *北涼三蔵曇無讖訳の(*訳者の名前は先述『広辞苑』の解説と共通する「参照者注」)さわりの現代語訳を試みる。

如是我聞一時仏在王舎大城耆闍 崛山是時如来遊於无量甚深法性
諸仏行処過諸菩薩所行清浄是金 光明諸経之王若有聞者則能思惟
かくのごとくわれは聞いた。 釈迦さまにおかれては、王舎城の耆闍崛山におられた時に
限り無く尤も深い法の性品であるところの多くの御仏の行かれた場所に同じく遊ばれたのであるが、菩薩よりもすぐれ、行いが清らかであった。 この金光明経は、あらゆる経の中の王であるので、この経を聞いた者はこのように考えることが出来る。
 
无上微妙甚深之義如是経典常為 四方四仏世尊之所護持
東方阿閦 南方宝相 西无量壽 北微妙声
我今当説懺悔等法所生功徳為无
有上能壊諸苦尽不善業
この経はきわまりがなく、微妙であり、多くの深い意味がおさまっていると。
このような経は如何なる場合でも四方の四仏さまにおいて守られているから。
東方の阿閦仏 南方の宝相仏 西方の無量壽仏 北方の微妙声仏であらせられる。
我いま当然に懺悔する法を説くとすれば、此処に生まれでる功徳こそはこれにすぐるものないほどに荘厳である。
現今同宗の僧が唱える経とは言い回しは異なると思うが、意味は共通すると思うものである。(以下残念ながら時間とスペースの都合もあり割愛)。

[2007年04月11日12時18分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。