テーマ:日本人はどこから来たか

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: 素里奈
そんべさんご質問の“倭人といわれた種族は北方でなく揚子江の方につながる人だった。”
 揚子江:チベット高原北東部が源流、雲南・四川省境を北東に流れて東支那海にそそぐ。
松花江(現地読みスンガリー・朝鮮語ではソンフアガン。)中国東北部の大河で朝鮮国境の白頭山頂の天池に発源し黒竜江に合する。うろ覚えの司馬氏の説を参照して川の名前もあいまいな表現であったので、元本を探した。幸い見つけた。前掲を補足する目的で参照しなおす。
司馬遼太郎(敬称略)が語る日本「文明の窓口」としての朝鮮 (中略) “朝鮮人の先祖の多くもシベリアにいて、日本人の先祖の多くもシベリアにいました。(中略)満州(中国東北部)の中央部は、いま遼寧省というが、ここいら辺に、日本人や朝鮮人の先祖の有力な一派がどっかり居座っていたのでしょうね。長城を通過しない東西交流があり、シベリアで定着して南下していった。それが朝鮮にも、日本にもきたのでしょう。それは言語的な特徴からもわかります。中国語や英悟は「私・愛する・あなた」殆どの国がこの語順になる。ところが日本語や朝鮮語は「私は貴方を愛します」と言います。「愛します」という大事な言葉を、最後に言う。そして「てにをは」でくっつけます。つづく・・・・

[2007年03月26日05時52分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。