テーマ:河内の北条領

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: ATTILA
 先日、河内長野市の山の中のダム周辺を徘徊しました。集落の上のほうの斜面に、市立「民俗資料館」なるものがあり、ダムに水没することになった民家を、たった一軒だけ移転復旧したものであります。

 敷地内には、その他に「道具類の陳列棟」と、鐘つき堂付の「梵鐘」が一つあります。

 たまさか当番だった、別の山の上の「歴史資料館」の館長さんにおたずねしたところ、その鐘は北条家のおひぃ様のために村人が建立?したものだそうです。

・狭山市あたりに、小田原北条氏の末裔の領地があり、河内長野市の<民俗資料館付近(多分、滝畑村)>あたりは、飛び地の北条領だった。
 でもって、北条氏が高野山に流された時に、<滝畑村(現河内長野市滝畑地区)>にお泊りになり、その後、そこのおひぃ様が嫁いできたそうレス。

 で、そのおひぃ様のために、村人が梵鐘をつくり、いまでも盆暮れと村人の不幸があった時に鳴らすのだそうです。

 う〜〜〜ん、こうやって書いてみると、肝心なことはなぁ〜〜んも聞いてませんなぁ〜〜〜〜(〜〜)

 機会があったら、も少し聞きますが・・・

 それにしても、摂河泉は、小藩や飛び地が多いようですね。


[2005年12月06日17時23分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。