テーマ:遣唐留学生の墓誌初発見

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: ATTILA
遣唐留学生の墓誌初発見 日中交流解明の一級史料(共同通信) ― 「日本」という国号あり

10日、中国西安市で公開された遣唐留学生の墓誌。表面に布をかぶせて字を浮き出させてあり、右から2行目に「公姓井字真成国号日本」などと刻まれている(共同)

http://www.kahoku.co.jp/news/2004/10/2004101001002761.htm

 【西安(中国陝西省)10日共同】唐(618−907年)の都、長安があった中国西安市で、奈良時代の717年に阿倍仲麻呂らとともに遣唐使の一員として唐へ渡り、勉学途中に客死した留学生の生前の功績を記した墓誌が見つかった。同市の西北大学が10日発表した。中国で古代日本人の墓誌が見つかったのは初めて。
 遣唐留学生の日常活動はほとんど分かっていないが、墓誌には猛勉強ぶりや玄宗皇帝が死を惜しんで官位を贈ったことなどが記されており、古代の日中交流史を解明する一級史料となる。
 東野治之奈良大教授(古代史)は「中国で遣唐留学生が大事にされたことを示す素晴らしい発見」と話している。また「国は日本」とあり、日本が大宝律令(701年)で定めた国名を中国側も認めていたことを示す最古の実物史料となる。

2004年10月11日月曜日

 学術的な記事やから、転載もええじゃろとしておきます。(^^ゞ

 こゆ時は、記事よりも墓誌全文ほしいようね。(^^ゞ

[2004年10月11日17時24分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。