テーマ:吉田松陰・松下村塾・富永有隣のは?

書き込み欄へ テーマ一覧に戻る
お名前: 遊行笑人
書状の話を、本日町の今月勉強会ありましたので、ビデオは見せましたが、やはり一時停止画面では無理な様です。実物のコピーを持って見ていただかなければとの先生の言葉でしたので、次の時まで、このテーマの準備を先にしてからに成りますので、しばしお時間頂戴します!
[2004年10月08日17時50分]
お名前: 遊行笑人
初めまして!甘興覇さま。早速ご説明を賜り、有難う御座います。松陰と有隣の関係のこと、参考に致します。有隣と書状の遣り取りの人物と内容を只今調べております。
一時、官憲から逃げる故、土佐の国に多分旧知の御人を頼ったのではと考えております。戊辰戦争の前後の事と考えますが、有隣は80歳頃まで長生き成されて居る様ですので、相手の氏名と内容が読めれば、宜しいのですが私も只今古文の勉強中で、達筆の手紙の内容が読み難、今月の講習室で先生(文理大学)に、ビデオをお見せする予定です。判ればお知らせ致します。今後とも宜しくお願いします。
[2004年10月03日13時10分]
お名前: 甘興覇
 遊行笑人さんはじめましてございますです、甘 興覇という者
でございますです(^_^)

 っで、早速ですが吉田松陰さんと富永有隣さんとの関係でござ
いますですが、私の知っている範囲でお話ししますと
 1.安政元年。松蔭が黒船で密航しようとした罪によって、
  江戸から山口・萩の野山獄へ移送されたとき、野山獄内で
  有隣と知り合った。
 2.松蔭が入獄以降、野山獄では互いに自らの長と成すこと
  を教えあっており、有隣は書を教えていたようである。
 3.松蔭が出獄後、実家の謹慎所を持って松下村塾を開いた
  際に、藩に運動し有隣を出獄させてもらい、村塾での教授
  となってもらった。
 4.有隣は維新後も生き残り、晩年は山口の田舎の村で塾を
  開いていた。その間のことは、国木田独歩氏の「富岡先生」
  という有隣をモデルにした短編小説に描かれている。
 っといったところでしょうか。

 明治の高官で松下村塾に通ったことのある者は、この『有隣
先生』がずいぶん煙たかったようで、有隣さんが東京へ出て
昔の教え子を尋ねた際には”居留守”なども使われたようです。

 っとまぁこの程度の知識ではございますが、遊行笑人さんの
手助けにはなりましたでしょうか?
                  以上、甘 興覇でした


[2004年10月02日23時33分]
お名前: 遊行笑人
マックさん、ご案内のHPで、吉田松陰と外伝の特別コーナーを見つけまして、富永有隣の史料の書文(手紙等)、御持ちの同族の方と交友が有り、其の本人も、祖父等先代の親より家伝として、所有しておるもの、全く歴史音痴で云々と言われ、解明の依頼を受けたものですが、この有隣氏と松陰殿との関係は、知識不足で難儀しておりましたので、お言葉に甘え、この窓口に御相談挿せて頂きました。以前撮って帰りましたビデオを再生して、読める範囲で近々御紹介挿せて頂きますので、宜しく皆さんのお話しの題材として、御指導下さい!
[2004年09月30日21時35分]
お名前: マック
遊行笑人さん、、ここでしたか。
失礼しました。
いやあ、きちんとロムしていないことが
バレてしまいましたね、面目ないなあ。

うーむ、幕末から明治維新。
山川出版の高知の歴史も愛媛の歴史も、、
持ってないのが辛い、そういえば四国に
関して、1冊もない。九州と東北、関東
ばかりで四国も用意しとけばよかった。


[2004年09月30日18時49分]
お名前: 遊行笑人
有隣のこと、少し探させていただきました。1)土佐の国に逃れる(一説には現在の大豊町近辺で、官憲に捕まるとも聞く)・2)勤皇派は土佐の国にも多し・3)伊藤博文(越智河野の家系とも聞く)との関係・4)獄中にて河野数馬(河野子忠と記すも有り)俳諧に長け吉田松陰と懇意に為り村塾の講師に招かれた云う。この事から土佐国との関係深く感じ、別流河野氏宅に伝ある手紙、書状の数々を再度調べてみましょう!少々お時間を頂きます。
[2004年09月29日05時04分]
お名前: 遊行笑人
初めて、訪問させていて頂きます。別の窓口でお知り合いに為りましたマック様のお誘いで、何かテーマを考えて、投稿しませんか?に甘え、今回は土佐の国、伊予越智姓河野氏の我家と別流の子孫の家系の訪問時、富永有隣の書状の綴を拝見した事がありました。
其の時は、余り気に止めずヴィデオに収録して帰りまして、この度吉田松陰の伝記、書のコーナーを見させて頂き、土佐国と周防国との明治維新前後の時代の由縁を感じ、改めて先ほどヴィデオ再生でみましたところ、手紙の実物かコピー(この当時はないので、写しかなとも思いましたが)本物で有れば、歴史的価値が有ろうかと考え、松陰と有隣の関系のおわかりの方が居られましたら、お聞かせ下さい。
[2004年09月28日17時33分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)
氏名 削除コード
E-mail URL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。