記事タイトル:あ!俺も未納だったのかも?

書き込み欄へ 記事一覧に戻る
お名前: 広嗣
 また、訂正です。

>第1種被保険者
 正しくは1号被保険者です。

 因みに2号被保険者は被用者年金制度加入者、3号被保険者は被用者年金制度に加入していない人で被用者年金制度加入者の配偶者となっています。

 1号被保険者の配偶者は、1号被保険者になります。ということは、未納議員の配偶者も、基礎年金の保険料を払っていなかった可能性が高いということになります。

[2004年05月21日01時45分]
お名前: 広嗣
 まず訂正です。

> 5年位前から基礎年金番号が導入されましたが
 正しくは7年前です。導入されたのは「平成9年」、今年は「2004年」という変な算式で計算してしまいました。


>私も初めて知りましたが、(中略)基礎年金に拠出されていないということな
>のでしょう。
 書いた後で思い出しましたが、国会の事務局は当然議員は第1種被保険者(被用者年金制度加入者とその配偶者以外)となることは知っていた筈ですし、議員も知り得る立場であったはずです。そうすると、「勘違い」で未納の議員が出ていると言うことは、事務局は必要な説明を議員側にしていないのか、議員側が馬耳東風だったのか、国民の義務に対する責任感が希薄なのか、理由は何であれ「勘違い」は言い逃れに過ぎないと言い換えるしかなさそうです。

 国会議員は英語で「lawmaker」と言う事がありますが、日本は「遺漏名家」かな。

[2004年05月20日00時56分]
お名前: 広嗣
 7月の参議院議員選挙を意識しているのか、年金制度の改正よりも基礎年金未納が政争の具にされていると言った方が良いでしょうね。

 基礎年金加入が義務付けられる1986年4月1日以前に、被用者年金制度(厚生年金や共済年金)に加入していた人以外で、どれくらいの人が満20歳の時点で年金制度に加入していたのでしょうか。まず皆無と言って良い様な気がします。

 未納議員で議員年金なるものに加入しているので基礎年金にも加入していると思っていたと「説明した」議員がいました。思い込みは兎も角として、これはこれで理解できない話ではありません。私も初めて知りましたが、議員年金は被用者年金制度のように、制度で言う賞与と給与から分捕られている保険料の一部が、基礎年金に拠出されていないということなのでしょう。

 日本の年金制度は、それぞれの年金制度が独自に成立し発展してきた経緯があります。現在の基礎年金も、元はと言えば自営業者や自由業といった人を対象にした国民年金を、「国民共通の年金制度」に変えたものです。「一元化」の意見は何年も前から出てはいますが、制度毎の経営状態と、それに伴う保険料などの利害関係もあって議論は進んでいません。形として現れたのは、事実上破産していたJR共済を救済するために厚生年金に吸収した旧三公社の共済制度だけです。

 5年位前から基礎年金番号が導入されましたが、勘違いで未納になっている人には役立っていないようです。

 国会議員や閣僚の未納を巡る揚げ足鳥や、今国会での「改正」案成立のみを重視したような国会運営ではなく、抜本的な改革案を示すことの方が、国民の代表である筈の国会議員の責務ではないでしょうか。

[2004年05月19日01時38分]
お名前: ルイ17世
 なんか、ここ・・おかしくなっている気がしますけど
ま〜それはさておきまして?

 昨今「政治家」から「ニュースーキャスター」まで国民
年金未納問題で大騒ぎですけど・・・。
 小泉様や小沢氏の未納期間問題報道で、私もそうい
えば・・・20歳から仕事につくまで2〜3年間納めていま
せんでした。(但し、私の頃は任意でしたけど、一応マス
ゴミ報道基準?では、未納には変わりませんので^_^;)

 ということで・・・・ふと疑問ですが、確か20歳以上は皆
国民年金を納めなくてはいけない・・・・と決まったのは
1991年以降(間違っていたらごめんなさい m(_ _)m)
だと聞きましたが、そうしますと当時(今もか)果たして
20歳以降の学生とかは、どれだけ納めていたのか?
 ましてや、バブル時代以降勤めてもすぐに止めて他に
就職するのが多くなったり、定職につかない「フリーター」
が増えた時代、切り替えになった時とかに、実は年金未納
期間があったという方は多いと思いますです。
 そして、中には納めなくてもいいというか気づかないで
「厚生労働省」といった年金監督庁?や偉そうに批判して
いる「マスゴミ」にそのまま就職した連中も、どれだけいる
のかと思いますと、昨今の「年金未納問題」を巡る報道と
かは「不毛」と遅まきながら感じた次第です。

 ということで・・・・やはり昨今の年金未納問題も重要な
のかもしれませんが、どうしてこんな未納が生じてしまう
のかという「システム」の改革をしないと・・・昨今ますます
広がっている「年金不信と不安」を解消出来ないかもしれ
ませんです。

追伸:年金未納の国会議員が「年金法案」を審議とかして
   いるのは、正直云って「?」も生じますけど、では誰が
   どうすればいいかと思うと・・・これまた「?」です。
   (すいません・・・最期は上手く云えませんでした。)[2004年05月19日00時29分]
このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)

氏名
E-mailURL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。