記事タイトル:日本国憲法と大日本帝国憲法について

書き込み欄へ 記事一覧に戻る
お名前: 麻紀絵
>日本国憲法と大日本帝国憲法の
違いを教えてくださ〜い!

日本国憲法は国民が主に権力を持つ(アメリカ人がつくった)、
大日本帝国憲法では天皇が主に権力を持つ(日本人がつくった)
日本国憲法では平等があるが、大日本帝国憲法には平等はない。
・・・といったところです。
お役に立てれば幸いです。
[2014年02月16日09時56分]
お名前: ひ
国の在り方に不変はない。すべての正義に表裏があり、
それは時代を取り巻く趨勢で移り変わる。
憲法9条もその例外ではない。
もし隣国が大国の侵略を受けたとしよう。
大国の指導者がヒトラーを思わせる狂気の独裁者であったとしよう。
その時、日本はどうするか?
ここが重要な分岐となる。
他国民を殺害する法律と、自国民を殺害する法律、どちらが悪かは
その時になってみないとわからない。そのためにはある程度、臨機応変に動ける
下地を作っておかなければならないだろう。

なんにしても、軍隊を保持しないと表記しながら、世界に誇る自衛隊を
保持している時点で、憲法9条はすでに矛盾している。
そんなものがいざという時に抑止力になるのか甚だ疑問ではある。

私はどちらかというと、時代の移りによって改正を繰り返しながらも、
残るドイツの平和憲法の方が、平和のための憲法としては
よほど優れていると考える。
[2010年05月20日01時28分]
お名前: りん
日本国憲法と大日本帝国憲法の
違いを教えてくださ〜い!

[2010年01月15日21時25分]
お名前: 空
帝国議会は何故作られたんですか                         出来たら教えてください

[2009年11月20日21時46分]
お名前: 現役社会科教師
俺は今、日本国憲法第9条についての授業をしている。
改正すべき、改正してはならない、等は強制してはならない事は知っているな?
要するに正解はないのだ。
お前達がどう考えてもそれは間違いではない。
こんな掲示板は利用しないで、自分で考えろ。考えた分だけ結果がでる。
自分の意見には誇りを持て。今の学生には誇りが全く見られない。
以上、一教師の意見である。
今後この掲示板の利用を禁ずる。
[2008年01月11日16時31分]
お名前: 栗坊
はじめまして。さっそくですが皆さんに聞きたいことがあります。
日本国憲法と大日本帝国憲法の違いってなんですか????
[2007年01月14日00時05分]
お名前: ユンナぴょん
大日本帝国憲法って何条あるんでしょうか?あと、それってどんなことですか?知ってる人は、全部教えてくださ〜い!!
[2006年09月07日17時57分]
お名前: 最強
自分が天皇だった場合大日本帝国憲法のほうが良いけどやはり一般人だから日本国憲法のほうが良いな・・・・・・・・・・・・・・・フォー
[2006年08月14日16時55分]
お名前: 小川玲子(28)
なんか聖徳太子の様な『17条の憲法』みたいですね。
その1.和を大事にせよ。
その2.仏教を敬え。
その3.天皇の命令は、必ず慎め。
その4.役人は、礼儀正しくせよ。
その5.公平な態度で裁判を行え。
その6.悪人を懲らしめよ。
その7.その役目に合った者に仕事をさせよ。
その8.役人は、早朝から夕方まで仕事をせよ。
その9.お互いに信じ合え。
その10.意見が違っても、怒るな。
その11.功績と過失を明らかにし、賞罰を加えよ。
その12.役人は、人民から勝手に税を取り立てるな。
その13.役人は、他人の役目をよく知っておけ。
その14.役人達は、お互いに嫉妬の心をもつな。
その15.自分の利益を考えるな。
その16.人民は、時期をよく考えよ。
その17.大事な事は、皆と相談せよ。
だっけ?
[2006年07月23日06時43分]
お名前: みい
 日本国憲法9条を変えるべきかどうか。
 9条を見てみると、@日本は戦争をしません A日本は武力を持ちません ということが記してある。まず、@については、戦争は皆が反対しているから、これを変える必要は当然無い。問題は、Aの方であろう。「日本が武力を持たない」ということは、どういうことか。それは例えば、他国から攻撃をされたとき、自分を守る手段がないということである。いくら日本が平和を愛し戦争をしないことを決心した国であるからといって、全くの無防備な状態では不安な感じがする。そこで、日本が持っているのが「自衛隊」である。自衛隊は、他国からの攻撃から日本を守ったり、日本国内の緊急事態、友好関係にある国の緊急事態などに活躍している部隊だ。ところが今、この自衛隊が、憲法9条のいう「武力」にあたるのではないか、ということが話されている。政治家がこの点に気づいたのは、最近、イラクとアメリカの戦争が起きたときだろう。あの戦争で、日本はアメリカに自衛隊を派遣し、燃料の補給などの支援をした。こういう支援をすることは、直接戦争に関わっていなくとも、「戦争の手伝いをした」つまり、「自衛隊」という「武力」を与えたというように考えられる。それじゃあやっぱり自衛隊とは「武力」なんだ、でも自衛隊がいないと日本はやっていけないよね、それじゃあ憲法9条を改正しよう、という話が持ち上がった。さて、あなたはこんなときどうするだろうか? 確かに矛盾してるから、私は、憲法9条を変えるべきだと思う。ただ、どう変えるかが問題である。考えられる選択肢は次の通り・・@9条を改正して「日本は武力を持って良し」とする(場合によっては戦争になりかねない) A9条は改正しないで自衛隊を無くす(いざというとき日本を守ることができない) B9条を改正して、「戦争はしない及び平和は守る、ただし日本を敵から守るための部隊つまり自衛隊は持つ」とする。  ・・私ならBを選びたい。日本の自衛権を憲法に明示する。と、同時に自衛隊のできることの範囲も、きちんと記さなければならない。9条をかたくなに守ろうとする人々は、自衛隊が守備と戦争との区別がわからなくなることをおそれているのだから。
[2006年06月07日10時18分]
お名前: NARUMI
初めまして。今社会の授業で日本国憲法第9条変えるかという議題でやっています。皆さんはどう思いますか?
[2006年05月26日09時00分]
お名前: くりーむ
紙幣の肖像としてどんな人物が選ばれていますか?
@大日本帝国憲法下
A日本国憲法下
教えてもらえると助かります>_<
[2005年08月02日01時20分]
お名前: ルイ17世
>憲法が大日本国憲法から日本国憲法に変わったことで、日本
>の社会全体はどこが根本的に変わったのでしょうか。

 最大の変化は、民主国家になった事でしょう。
特に、学校で習ったと思いますが・・・

 日本国憲法における三大原則

 「国民主権」・ 「基本的人権の保障」・「平和主義」が
大日本帝国憲法下になかったものでしょう。
 この原則に基づいて、今の日本国憲法は成り立って
いるのですけど・・・
 その中でも、目に見える?ものではないかと思うのが
 まず、言論の自由が完全に認められた事(憲法21条)。
戦前ににおいては「国家」(その中でも特に天皇・皇室)を
批判しただけで、下手すると国家反逆で逮捕・拘禁(「治安
維持法」が有名)されていた時がありました。
 もちろん、今は個人やマスコミが国家(小泉総理を罵倒し
ても^_^;)や例え天皇・皇室を、いかに批判しても刑務所に
ぶち込まれる事はありません。

 また、国民が選挙権(憲法15条1項・93条第2項)を持ち
自分達の代表者を選ぶ事ができたことです。
(大日本帝国憲法下では、選挙権・被選挙権は男子のみ、
しかも知事や市長村長を選ぶ事が出来ませんでした。)
 その他、軍隊を日本国憲法上放棄(9条2項)しましたので
戦前にあった「兵役の義務」(帝国憲法20条)は無く、従って
徴兵制はありませんので、今は戦前の様に20歳になったら
軍隊に行くことはありませんです。
[2005年02月13日01時56分]
お名前: お米
なぜ大日本国憲法は天皇を主権にして作られたんですか!??天皇が政府のやることに反対したら政府にとっては厄介なだけじゃないですか?

[2005年02月13日01時55分]
お名前: No name
じゃあ逆に大日本帝国憲法と日本国憲法の共通点って何があるんですか?
[2005年01月26日21時36分]
お名前: ワンピ
憲法が大日本国憲法から日本国憲法に変わったことで、日本
の社会全体はどこが根本的に変わったのでしょうか。
教えてもらえるとウレシイです。
[2005年01月23日19時24分]
お名前: うめっち
日本国憲法のテストは大変だよね!!
[2005年01月23日18時31分]
お名前: えみ
大日本帝国憲法から日本国憲法とかわった中で大きな変更とその理由を教えて下さい
[2005年01月23日17時54分]
お名前: カメ
日本国憲法と大日本帝国憲法は、それぞれどのような場合に国民の権利は制約を受けるものと規定しているのか、教えてください。
[2005年01月20日23時31分]
お名前: なみ
大日本帝国憲法から日本国憲法へ変わった中で、大きな変更点はなんですか??
あとその理由を知りたいんですが。教えていただけるとうれしいです。
[2005年01月20日20時59分]
お名前: なおこ
法律の留保について大日本国憲法から例をあげて説明してください。よくわかりません」。
[2005年01月08日23時09分]
お名前: はな
法律の留保って例えばどんなものですか?
[2005年01月06日12時12分]
お名前: そーだ
日本国憲法と大日本帝国憲法との違いをだれでもいいので教えてください。
[2004年12月16日11時46分]
お名前: KEIO NY
大日本帝国憲法について、今イギリス流とドイツ流どちらのほうが良かったかというディベートをしているんですが、イギリス流がドイツ流に比べて優れている点、逆にドイツ流に比べて劣っている点など知りたいです。だれでもいいので、教えてもらえませんでしょうか。
[2004年12月14日00時39分]
お名前: maru
第4条の審議で「天皇ハ国ノ元首ニシテ」「こノ憲法ノ条規ニ依リ之ヲ行フ」を削除せよと修正意見が提起されたそうなのですが、なぜ出されたのでしょうか???
[2004年08月30日18時40分]
お名前: おにく
「天皇は国の元首にして統治権を総攬し此の憲法の条規に依り之を行ふ」と、大日本帝国憲法の第四条にありますが、これには、「天皇は国の元首にして」の部分と、「此の憲法の条規に依り之を行ふ」の部分を削除せよという修正意見がだされたらしいのですが、なぜですか?
[2004年08月09日16時35分]
お名前: さくら
民主主義を現実的に運用する際に民主国家、民主社会にとって不可欠な基本要件とは?


[2004年08月09日11時40分]
お名前: 茲羽 みなと
神崎さん、私も分かりません。分かり次第教えてください。
[2004年08月08日16時39分]
お名前: 神崎 りさ
大日本帝国憲法と今の日本帝国憲法の違いについて教えてください。デワ☆
[2004年08月08日16時32分]
お名前: 仁美
大日本帝国憲法について簡単に説明していただけませんか?
いまいちあいまいな感じなんです。。
[2004年01月21日12時33分]
お名前: みかんが
ルイ17世さんありがとうございました。助かります。
[2004年01月19日14時25分]
お名前: うぎゃ!
「プロシア」憲法の内容&19世紀のドイツの歴史が知りたい!
[2004年01月14日19時51分]
お名前: ココア
当時のドイツの憲法『ワイマール憲法』はどんな憲法だったんですか。
教えてください!!!!
[2004年01月03日16時36分]
お名前: ルイ17世
 で・・統帥権ですが、これは「統帥権の独立原則」と云わ
れるており、本来天皇が単独でこれを実施するものとされ
てましたが、実際は、参謀総長(陸軍)・軍令部総長(海軍)
といった軍官僚組織が補弼を行ってました。
 しかし、おそらく日露戦争以後、この「統帥権の独立原則」
はあらやる軍に関する事項が含まれるとされてしまい政府は
軍に関する事に殆ど介入が出来なくなり、戦前の軍部独走
そして太平洋戦争への道を歩む原因となっていきます。

追伸:下記の<2.国務大臣は議会に対して・・・(議院内閣制)>
   ですが、(議院内閣制では無かった)に訂正いたします。
[2003年11月15日01時59分]
お名前: ルイ17世
 え〜大日本帝国憲法の「天皇の権限」について手短に
アップします。
(詳しく知りたい方は、図書館とかでお調べ下さい。)
 ということで・・・・

 まず大日本帝国憲法においては、天皇による支配統治
が原則とされていましたが、その理念は「日本書記」に
あった建国神話を基にした『大日本帝国は万世一系の天皇
之を統治する』(1条)とされてました。
 従って、大日本帝国憲法国家は、当時の欧米国家と違い
ある意味天皇による道徳的というか、精神的色彩が色濃く
繁栄された国家と云えるかもしれません。

 で・・・天皇の権限ですけど、大日本帝国憲法下では
「天皇大権中心の統治体系」であるため、天皇は「国家
の元首にして統治権を総攬し」(4条)「帝国議会の協賛
を以て立法権を行い」(5条)、「国務大臣の補弼を受け
て行政権を行使し(55条)しかも司法権も「天皇の名に
於いて裁判所が行う」(57条)というくらい、三権(立法
行政・司法)は、憲法上は天皇によって行われる事に
なってました。
 以下、上記に関しまして天皇の権限がどれだけ影響さ
れていたかというと。

<議 会>

 1.皇位継承等の皇室に関する事項と軍の統帥や宣戦
  講和等に関する事項は議会の権限外だった(2条・
  11条〜13条)。
   なお、この統帥権ですが、戦闘上の専門性からも
  政府が責任を負う他の分野(軍政)と区別され政府
  の職務外とされ、国務大臣の補弼の及ばない天皇の
  大権事項とされてました。
  (この「統帥権」につきましては、別枠に補足という
  形でちょっとアップさせていただきます。)

 2.議会の設定は議会の議決だけではダメで、天皇の
  「裁可」が必要であり(6条)、しかも天皇は緊急勅令や
  独立命令を、議会の協賛無しに立法を行えました(8条
  9条)。また、条約締結権も天皇に帰属してました(13条)。

<内 閣>

 1.大日本帝国憲法下では、内閣は、法律上の機関で
  さえなく、天皇官制(10条)による、内閣官制(勅令)に
  より定められた憲法外の機関でした。
  (実際、大日本帝国憲法下では「内閣」という言葉は
  ありません)

 2.国務大臣は議会に対して責任を負うものではなく
  (議院内閣制)、天皇の信任に基づいて在職しました。
   しかも、内閣総理大臣は、この国務大臣の同輩中の
  首席にすぎず、政治的権限は殆どありませんでした。

<司 法>

 1.上記にも書きましたが、司法権は裁判所に帰属する
  ものではありましたが、「天皇の名において」行使される
  ものとされました(57条)。
 
 2.余談ですが、裁判所は、民事・刑事の裁判権しか
  なく、行政事件は行政裁判所という特別裁判所で取扱
  されてました(61条)。
                 以上・・こんなところで。
[2003年11月15日01時52分]
お名前: みかんが
大日本帝国憲法の天皇の権限について詳しく教えてください。

[2003年11月11日11時09分]
お名前: ヘイ
>なぜ明治当時の大日本帝国憲法はドイツ流を好んだのか?
>そしてなぜイギリス流を選ばなかったのか?

-----------------------------------------------------

>大日本帝国憲法は何故ドイツ流に基づいて発布したのか。
>イギリス流を支持していた人も少なくはないはず。

-----------------------------------------------------

これは現代人の発想でしょうな。

我々現代人は、明治以降の日本の歴史あるいは世界の歴史というものを知っている。
しかし、幕末から明治初期の人はそんなもの全く知りません。

この差はとてつもなく大きいと思います。

[2003年07月04日22時50分]
お名前: 猫左衛門
では、
現憲法下の日本は国民主権国家か否か?
現憲法下の日本は(立憲)君主制国家か否か?

[2003年07月04日09時46分]
お名前: ATTILA
 立憲君主制と国民主権とは主権者が異なるのだから
以下の解釈は根本的誤り

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
お名前: 猫左衛門
>「大日本帝国憲法」      「日本国憲法」
>
>主権者    君主主権(天皇)      国民主権

これ違うよ。
立憲君主制と国民主権は矛盾しない。
[2003年07月01日13時42分]

[2003年07月02日15時47分]
お名前: 猫左衛門
>大日本帝国憲法は何故ドイツ流に基づいて発布したのか。

当時の後進国という面で似ていたから。

>イギリス流を支持していた人も少なくはないはず。

イギリスには単一の憲法典がないから真似しにくい。
[2003年07月01日13時45分]
お名前: 猫左衛門
>「大日本帝国憲法」      「日本国憲法」
>
>主権者    君主主権(天皇)      国民主権

これ違うよ。
立憲君主制と国民主権は矛盾しない。
[2003年07月01日13時42分]
お名前: 金花   
大日本帝国憲法は何故ドイツ流に基づいて発布したのか。
イギリス流を支持していた人も少なくはないはず。
ドイツ流にしたことで後に悪い影響を起こしたのもあるはずです。
教えてくれるとうれしいです。

[2003年1月27日 10時19分13秒]

お名前: 秘密   
日本国憲法が世界に誇れるものって、なんですか?
(第9条だそうです)
それから、日本国憲法が世界に誇れるものに対し、
どう思われますか?

[2003年1月2日 22時1分47秒]

お名前: ルイ17世   
続けて「大日本帝国憲法」と「日本国憲法」の比較です。
注)簡単にするために、左右(左が「大日本帝国憲法」(明治憲法)
右が「日本国憲法」)対称にしてます。なお、字数の関係から重要
だと思うところだけに簡略してます。
      「大日本帝国憲法」      「日本国憲法」

主権者    君主主権(天皇)      国民主権

天皇の地位 神聖不可侵・統治権の総覧者  国民の象徴(シンボル)
         勅令も出せる           天皇の国事行為は内閣の
                            助言と承認がいる

天皇と大臣の 各国務大臣が天皇を補弼   国務大臣は連帯して
関係       天皇に責任を負う        国会に責任を負う             (なお、内閣という言葉は帝国憲法には明記されていない)
 
戦争について 天皇が統帥権を持つ     戦争の永久放棄規定

 次に各人権ですが、明治憲法は(人権は臣民権利義務と規定)「信教
の自由」以外全て「法律に定めたる場合を除く」とか「法律の範囲内に
おいて」といった法律の制限付(法律の留保といいます)であり、国家
治安維持法の様に時の政府によって法律で人権が制限されてきました。
 また「学問の自由」は明治憲法下では保障されていなかったために
国家による学問への干渉が行われました。
 後「信教の自由」は法律の留保は無かったものの、実際は神道が
国教化され(神社に対する法律あり)戦前は宗教弾圧が行われてました。
 なお、日本国憲法においては、この様な人権に対する「法律の留保」は
一切ありません。(日本国憲法においても人権は「公共の福祉」に反し
ないと限りという文言がありますが、法律による制約ではありませんので)

義務規定  兵役の義務・納税の義務規定  勤労の義務・納税の義務
       (教育の義務は無し)         教育の義務(三大義務)
                             規定あり

信教の自由  安ね秩序を妨げない、臣民  特別な留保なし  
         としての義務に背かない限り
         という留保あり

表現の自由  言論印刷行集会の結社の自由  保障あり
         として保障あり

検閲の禁止    規定なし        絶対禁止規定あり

通信の秘密  信書の秘密として保障あり  保障あり
      (注:当時は手紙が通信の主
         な手段のため)
職業選択の自由 保障なし         保障あり

居住移転の自由      両方とも保障あり

国籍離脱の自由 保障なし         保障あり
(明治憲法制定時の日本では外国に行くこと自体大変だから除かれた?)

学問の自由    保障なし         保障あり

社会権(生存権等)保障なし         保障あり

財産権   所有権の不可侵として保障あり 保障あり

裁判を受ける権利     両方とも保障あり

司法  裁判官は天皇の名において      特に規定なし
     裁判する(行政裁判の裁判権無し) (違憲審査制規定あり)

財政  国費の支出について政府の同意が  国費の支出は議会の
     あったり、予算が成立しな時は     議決がいるなど 
     前年度予算を政府は執行できるなど 財政民主主義が徹底
     議会の関与が不徹底であった     されている。

地方自治 規定なし            規定あり
   (注:知事・市長などは選挙でなく (地方自治が保障されている)
    内務大臣の任命制だった) 

                           以上です

[2003年1月2日 11時13分35秒]

お名前: ルイ17世   
☆大日本帝国憲法が制定されたころの様子

 大日本帝国憲法が制定されたころの様子ですが、まだ日本は
欧米列強に追いつくために富国強兵の真っ最中でした。
(当時の言葉で云えば「三等国」から「一等国」への仲間入り
今で云えば先進諸国への仲間入りか・・・)
 そんなわけで、憲法を作ったのも一刻も早く欧米列強と対等に
肩を並べたいためでもありました。
(ちゃんとした、政治・法制体制を整えていないと、欧米列強から
バカにされるし対等に付き合ってもらえないと思ったのでしょうね。)
<当時の世界情勢>
 帝国主義の全盛期といったところで、アフリカ大陸からアジアまで
ほとんど欧米列強の植民地状態でした。
 中国(清王朝)は、経済権益のほとんどを欧米諸国に牛耳られて
おり半ば半植民地状態でした。

<日本国内の様子>
 富国強兵政策のもと工業化を進めていたとはいえ、まだ農業国
であり、主な輸出品は絹でした。
 そんなわけで絹を輸出して外貨を稼ぎ、それで軍の近代化(イギ
リスやフランスなどから軍艦を輸入するなど)を図っていたというと
ころでしょうか。

☆日本国憲法が制定されたころの様子

 第二次世界大戦の敗戦で、連合国(連合国といっても中心は
アメリカ)によって日本は占領されていました。
 それに伴い、矢継ぎ早に民主政策が押し進められ、代表的な
ところでは、政治犯の釈放・戦犯の逮捕・戦争政策に協力した
人達の公職追放・財閥解体農地解放・女性の参政権を認める
などでしょうか。なお、直接占領政策ではなくて、敗戦前からの
日本政治体制を利用しての間接的占領政策が行われていた
ものの、実際はアメリカの指示で時の政府は動いてました。

<当時の世界情勢>
 そろそろ米ソ冷戦が本格的に始まる頃でした。なお、中国
は内戦状態(毛沢東率いる共産軍と蒋介石の国民党軍との)
だったはずです。後、朝鮮半島は北と南に別れていたと思います。

<日本国内の様子>
 戦争により国内の経済は壊滅状態であり、都市は焼け野原で
多くの国民はその日食うのがやっとで、闇市や買い出しでなん
とか食いつないでいたといったところでしょうか。そんなわけで
物の価値が高くお札は紙切れというくらい大インフレでした。

追伸:大日本帝国憲法と日本国憲法を比較は長くなるのでこの後に・・・

[2003年1月2日 11時4分42秒]

お名前: 秘密    URL
 大日本帝国憲法が制定されたころの様子と
 日本国憲法が制定されたころの様子は、どんな感じだったのですか?
 (当時の世界情報や日本国内の様子など)

大日本帝国憲法と日本国憲法を比較すると、
どうなりますか?
(主権者・国民の権利・国民の義務・軍隊など)

教えてもらえるとうれしいです

[2002年12月27日 18時53分54秒]

お名前: ステファン   
 憲法が制定されたころの情景は(当時の世界情勢や日本の様子など)
どんなふうだったのですか??
 大日本帝国憲法が制定されたころの様子は??
 日本国憲法が制定されたころの様子は??
大日本帝国憲法と日本国憲法を比較すると、どうなるのですか??
(主権者、国民の権利、国民の義務、軍隊などについて)
日本国憲法が世界に誇れるものって、なんですか?
(第9条だそうです)

教えて下さい!
お願いします

[2002年12月27日 14時48分14秒]

お名前: かず   
なぜ明治当時の大日本帝国憲法はドイツ流を好んだのか?
そしてなぜイギリス流を選ばなかったのか?
その二つが僕の疑問です。
メールで返事がもらえれば幸いです。

[2002年12月23日 8時14分40秒]

お名前: さくら   
アメリカなどの連合国軍(GHQ)により民主化されたから。
(こんな事も分からないなんてタダのお馬鹿さん)

[2002年12月16日 9時56分19秒]

お名前: リー   
日本国憲法と、大日本帝国憲法との違いは何なのですか?教えて下さい。

[2002年12月1日 20時10分16秒]

お名前: ゐゐゐゐゐ   
どうして大日本帝国憲法から日本国憲法に変わったのですか?

[2002年11月28日 18時38分14秒]

お名前: しばい   
 憲法発布は、赤坂の離宮から新皇居への移転
を伴い行われたようでうね。
 小松宮近衛都督配下の近衛師団が、皇居前広場
で憲法発布を行う形式で行われたのでした。
 政治的には、開拓使から県に移行した北海道と
沖縄が憲法発布式典に参列もできないという、異常
事態での演出だったのが、今では、伊藤博文の天皇
頼りと同じようになったということでした。
 何とか、一年を置き、一応代表を出し、憲法を施行
し、関係諸法令の整備には大正年間までかかったらしい
ですね。
 実際、明治8年頃から枢密院では憲法草案を記章していたらしい
のですが、野にあった大隈案に近いということで、伊藤博文に任せよ
という議論に落ち着いた経緯も影響しているのでしょうね。
 上野公園に小松宮の銅像があるのもうなずけますね。

[2002年9月21日 19時40分47秒]

お名前: 広嗣   
 現在の日本国憲法は、大日本帝国憲法第73条に基づく改正という形になって
います。実際問題として、こうしないと現行憲法の施行は勿論、公布以前に施行
された法令を、引き続き有効とするには、全く同じ条文であっても一々制定し直
さなければならないという面倒な問題が発生することになります。つまり、今現
在効力のある法律は形式上全て現行憲法に基づいて成立したことになりますから。


                                  広嗣

[2002年8月10日 0時36分42秒]

お名前: ルイ17世   
 どうも!簡単で申しわけございませんが・・・

>公布から施行までどうして1年程の時間がかかったのでしょうか。

 今現在の法律でも条例でもそうですけど、準備期間(公示期間
と云ったはず?)つまり国民や関係者(諸外国を含む)の皆様とか
に知っていただく期間や事務手続きの関係で、通常は数ヶ月前後
は施行しない事になってます。
(例えば、最近可決された「改正健康保険法?(サラリーマンの医療
自己負担を3割にする)」も実際の施行は来年4月になっています。)

 ちなみに「大日本帝国憲法」は、明治22年2月11日公布。
 施行は明治23年11月29日となってますが、施行日は憲法前文に
『帝国議会は明治23年を以て之を召集し議会開会の時(それが、施
行日)を以て此の憲法をして有効ならしむるもの・・』と書かれている
事からも選挙備期間やその他の準備のためと考えた方がいいかもし
れません。
 なお、現在の日本国憲法の場合は、公布(昭和21年11月3日)から
6ヶ月を経過した日(昭和22年5月3日)に施行されていますが、この
施行日に関しましては「第11章 補則」の第100条1項に規定されて
おり、またその2項には『憲法を施行するために必要な法律の制定・・・
憲法を施行するために必要な準備手続きは、前項の期日(5月3日)
よりも前にこれを行うことができる。』となっていますことからも、帝国
憲法時と同じ考えだと思います。

>また、その間、日本はどういう状態であったのでしょうか。

 日本国憲法の時は、連合国(特にその中でもアメリカ軍による
占領で、政治はお堀端(GHQの事)のご意見を聞かないと全く動け
ない状態でした。
 それでも、今までの軍国主義の時代の重石から解き放たれた様
に様々な政治運動が盛りあがってました。
 なお、国民生活ですけど、多くの国民はその日その日を食うのが
やっとの生活でした。(闇市の時代でしょうか)

追伸:日本国憲法ですけど、形式的には帝国憲法下の帝国議会の
  議決と修正を経ています。

[2002年7月30日 22時17分37秒]

お名前: ちょこ   
日本国憲法、大日本帝国憲法どちらについても言えることですが、
公布から施行までどうして1年程の時間がかかったのでしょうか。
また、その間、日本はどういう状態であったのでしょうか。
教えてもらえるとうれしいです。

[2002年7月30日 14時34分11秒]

このテーマについての発言をどうぞ。(管理の都合上書き込み時のIP情報を内部保存しております)

氏名
E-mailURL


半角カナは使用しないようにしてください。文字化けします。